« 中野十貫坂上に武蔵野うどん屋さんが! | トップページ | 久しぶりの「二代目 武道家@中野」 »

2011.02.01

中野楽写 「新中野」

 「新中野」というと、真っ先に思い浮かぶのは杉山公園前の交差点だろう。以前そこにはキャンプ仲間の家があり、よく遊びに寄らせてもらったものだ。今はその家もなくなってしまい、大きなパチンコ屋さんに取って代わられてしまった。なんとなくそんな町並みは撮る気になれず、東へ移動。

110201nby1

 結局、その次にこの界隈でお馴染み?の場所といば、私の場合「鍋屋横丁(通称 鍋横)」になる。

 元はこの交差点(往時で言えば追分か)に「鍋屋」という茶屋があったのが、その名の始まりだという。
 代わって今では、みずほ銀行のビルがランドマークになっている。この元富士銀行(だったと思う)が現在のビルに建て替わったのはいつごろだったろうか。

 そうして、この「鍋横追分」は、厄除けで有名な堀の内「妙法寺」への参道(妙法寺道)に繋がる交通の要であったはずだ。その「妙法寺道」への曲がり角は、鍋横商店街の中ほど、先日書いた「麺や千聖」の四つ辻がそれにあたる。

110201nby2

 ちょうどこの場所には、参道入り口であることを示す道標がおかれ、往時の参詣客の多さを物語っている。なんでも「お題目石」というのだそうだ。なるほど「南無妙法蓮華経」と書かれている。

 この辻から東を見ると中野坂上の高層ビルが、西へ目を転ずると、クルマが行きかう中野通りが見えるという塩梅。

 なんだか今回も、これといって焦点の定まらない「中野楽写」になってしまったなぁ。

 ここのところじっくり時間をとって撮り歩くということができなくなっている。今回もようやく作った時間なのに、その大半をラーメンと武蔵野うどんに費やしてしまったし(^^;

 というわけで「中野楽写」は、来月の「大和町」へと続きます。お楽しみに。

★「中野楽写」とは・・・。
 中野区在住のブロガーが毎月中野区内のあるスポットをそれぞれ独自に撮影して、お互いの内容を知らないまま同時にその記事を公開しようという企画です。
 同じスポットをそれぞれのブロガーがどんなアングルで切り取った(撮った)のかお楽しみに。

▼中野楽写にエントリーされている方のブログです。
Nylaicanaiさん 「Nylaicanai」
散々さん 「Hinata-no-Hotaru」
六三郎さん 「☆ 六三郎のカメラ散歩 ☆」(休止中)
おやかたさん 「ぶーまーさんと優吉&うしちゃん~No boomer no life~」
エゴ氏さん Farmers Cafe
タカハシさん「まいにちのこと。つれづれ。」
arzさん 「に・ぴ・こ・り・と」

 次回のスポットは「大和町」。3月1日に公開予定です。

◇これまでの「中野楽写」はこちらから

|

« 中野十貫坂上に武蔵野うどん屋さんが! | トップページ | 久しぶりの「二代目 武道家@中野」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/50743648

この記事へのトラックバック一覧です: 中野楽写 「新中野」:

« 中野十貫坂上に武蔵野うどん屋さんが! | トップページ | 久しぶりの「二代目 武道家@中野」 »