« 2011哲学堂の梅1 | トップページ | 元々がんこ五代目(名前のない餃子屋)でランチ »

2011.01.23

「がんこ@池袋」あんきも味噌ラーメン

 「がんこ池袋」恒例、第4日曜日はイベントデイだ。昨日も覆麺に行けなかったから、今日こそはと「がんこ」なのだ。

110123gnk1

 イベント(スペシャル)の日の開店時刻は13時。友人Sと連れだって、定刻少し前に店の前に着くと、いつもの顔ぶれがチラホラ。今日の行列は思ったより少ないようだ。

110123gnk2 110123gnk3

 今日のスペシャルは「あんきも味噌」。なんと10kgものあんきもをすりおろしてダシとタレ?に使っているそうだ。厨房の作業を見ていると、味噌ダレの他に大量のすりおろしあんきもをドンブリに投入しているのがわかる。

110123gnk4

 「あんきも味噌ラーメン 1,000円」
 表面に浮いている赤い色の油はラー油かと思ったら、あんきも自身から出た油だそうだ。
 まずはと、ひと口スープをすすってみると、ウワッ凄い、もろにあんきもが来る。続いて味噌の味。これまでも家元や覆麺のご主人が作る「あんきも味噌」は何度も食べたことがあるけれど、これほどあんきもが強く主張しているのは初めてだ。
 凄いというだけでなく、とっても旨い。

110123gnk5

 麺はいつもと同じ断面が○の中細(18番)ストレート麺。このツルツルとシコシコの麺がスープをというか、あんきもおろし?をよく持ち上げているのが判るでしょう。

 トッピングにはいつものチャーシューがない代わりに青梗菜と高菜漬け。そしてキザミねぎにトロットロの味玉、海苔。

 この高菜漬けを麺と一緒に頬張ると、高菜漬けの酸味が効いて、ちょっとスッキリした味わいになる。これもまた旨い。

 今回のスープは絶対に残せない。完食の全汁はもちろん、できればドンブリにわずかに付いたあんきもも舐めたいとさえ思った(^^;

 帰りがけ、ゲップが出ると、強いあんきもの風味が口の中に戻ってくる。食べ終わった後も何度も旨い「あんきも味噌のスペシャル」なのでした。

◆元祖一条流がんこ 池袋店 (新一条流がんこ)
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 営業時間:11:30-15:00 18:00-22:00
 売切終了 不定休(ほぼ無休)

|

« 2011哲学堂の梅1 | トップページ | 元々がんこ五代目(名前のない餃子屋)でランチ »

コメント

いやー、行きたかった。 連れて行ってもらおうとお願いしようと
考えたんですが、例のイベントで神宮に行ってしまいました。

今シーズンまたこれやるなら誘って下さい増し増し。 

投稿: | 2011.01.24 15:59

 名無しのしんぺーさん。

 私はこっちを優先して、そちらはパスしました。前日にグラウンドには降りたしね。

 今シーズンは、もうやらないと思われますが、ここのスペシャルはどれも秀逸ですよ。一度ご一緒しましょう。

投稿: BUSH | 2011.01.25 03:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/50671567

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ@池袋」あんきも味噌ラーメン:

« 2011哲学堂の梅1 | トップページ | 元々がんこ五代目(名前のない餃子屋)でランチ »