« 「むろや@御苑」限定馬すじ煮込み味噌 | トップページ | 「がんこ16代目(高戸橋)」の年末スペシャル »

2010.12.21

「バシのせたが屋@三越前」で魚郎らーめん

 10/28にグランドオープンした「バシの せたが屋@コレド室町」。ちょうど日本橋室町方面に用事があったので再訪することにした。15時少し前という中途半端な時間でも中休みなしでやっているのが、この手のグルメ施設のいいところ。

101221bsg1 101221bsg2

 着いてみると先客は5人ほど。奥の席に座って、メニューをひと眺め。でも今日のオーダーは最初から決めていた。あの「せたが屋」系でも二郎っぽいメニューを始めているのですね。当時「せたが屋よお前もか」と話題になったのを覚えている。まあ、このこと一つをとっても、いかに「二郎」がブームか判ろうというもの。

 さて、「魚郎らーめん」とお店のお姉さんに伝えると「ニンニクはお入れしますか?」と返ってきた。とっさに「ヤサイニンニク・・・」と呪文を唱えそうになったけど、考えてみるとヤサイマシやアブラマシができるのかどうかが判らない。取り敢えずこの後の仕事もあるので「ニンニクだけ少なめで」とやや消極的にお返事してと。

101221bsg3

 「魚郎らーめん 900円」
 いかがでしょう、このルックス。二郎インスパイヤにしてはかなりお上品なというか。お味の方も同じで、かなりおとなしめ。せたが屋らしい魚介の効いたマイルドなものに仕上がっている。ニンニクが無ければインスパイヤという印象さえ薄いモノになってしまうかもしれない。

101221bsg4 101221bsg5

 断面が○に近い太ストレート麺はツルツルツ感があって旨い。豚骨魚介のスープとの相性もいい。ここらへんはさすがに「せたが屋」といったところか。

 それでもやっぱり「○郎」を名乗るからには、もっとワイルドでいい。ブタも柔らかくて旨いけれど、イメージが違うかなぁ。二郎的期待値が高かった分だけ、ちょっと肩すかし。・・・なんていうのは、私の勝手な言い分か(^^ゞ

 右の画はヤサイを少し掘り出して、一味唐辛子をかけたところ。あ、ヤサイはキャベツの含有量が本家に比べて圧倒的に多かった(^^;

 ともあれ、二郎ファンなら一度は食べてみおきたいよね。お好きな方は是非どうぞ。

◆バシの せたが屋
 http://www.setaga-ya.com/index.html
 中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町 最寄駅:三越前
 11:00-15:30(LO15:00) 17:00-23:00(LO22:30)
 無休 但し、COREDO室町の休館日は休み

|

« 「むろや@御苑」限定馬すじ煮込み味噌 | トップページ | 「がんこ16代目(高戸橋)」の年末スペシャル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「バシのせたが屋@三越前」で魚郎らーめん:

« 「むろや@御苑」限定馬すじ煮込み味噌 | トップページ | 「がんこ16代目(高戸橋)」の年末スペシャル »