« 「西尾中華そば@駒込」の年越し中華そば | トップページ | 中野楽写 「中野区中野」 »

2010.12.31

「がんこ@池袋」の年越しスペシャル

 先日のズワイ蟹に続いての「がんこ@池袋」。今日は最近「むろや」に目覚めたSP氏が一緒だ。果たして「がんこ」がこの男の眼鏡に適うかどうか、は不明だけど、大晦日、今年最後の「年越しスペシャル」でもある。まぁとにかく食べて貰おう。

101231gnk1

 いつもどおり開店時間の少し前に着いてみると。昨日見た顔がそっくりそのままいるではないか(^^; そしてもう一人お馴染みの顔も。あれこれ話すうちに開店時間となった。


 全員顔見知りという店内では店主のRさんと会話がはずむ。ここで家元情報をゲット。どうやら家元は次のお店を物色している最中らしい。ノンビリとね。今度はかつてと同じように一人でまたやろうとしているみたいだ。場所はともあれ、とにかく家元がまた店を始めてくれるかもしれないというのが、フリークというか追っかけ?の我々には大事な情報だ。

101231gnk2 101231gnk3

 てなことは置いといて、今日のメニューは左上の画のとおり。蕎麦粉麺使用とあるから、小麦粉に蕎麦粉を何割か混ぜたものかと思っていたら、ビニールに包まれたブツを見ると、まんま蕎麦じゃないのさ(^^; というわけで出てきたのがこれ。

101231gnk4

 「国産本鴨のラーメン(蕎麦粉麺使用) 1,000円」
 いかがでしょう? ルックスはラーメンだよねぇ。でも麺は蕎麦という・・・こういうのは昔、信州は松本の「こくぶ」という店で食べたことがある。ラーメン用の具材とラーメンのスープ、その中に入っている麺が純日本蕎麦というヤツで、その名も「大日本邪道蕎麦」というネーミングだった。

 なるほど邪道だよなぁ、ラーメン味の中に日本蕎麦だから、もう欲求不満というか何というか。凄く中途半端で違和感タップリ。もうとにかく二度と喰うまいと思ったものだ。

101231gnk5 101231gnk6

 そのときの嫌な記憶が甦ってきたのだけど、実際食べてみたら、スープがかなり日本蕎麦寄りで極端な違和感はなかった。美味しいスープなのだ。蕎麦の茹で加減がヤワすぎなければ、もっと良かっただろうと思う。

 トッピングの本鴨肉のローストが旨い。よくある合鴨でなくて国産の本鴨なんだもの。こいつは文句なし。スープによく合っている。

 でもね、やっぱり蕎麦が日光の手前というか、今市どころかまだ宇都宮あたり。このスープに合わせるのなら、もう少し食感のある中華麺風の麺が欲しいところだ。さもなければ、スープをもっと蕎麦方向に寄せるか。って、それじゃあ単なる蕎麦になっちゃうか(^^;

 というわけで、年越し蕎麦を意識した一杯なのでした。新年は3日のホワイトラーメンからから。がんこファンなら是非どうぞ。

◆元祖一条流がんこ 池袋店 (新一条流がんこ)
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 営業時間:11:30-15:00 18:00-22:00
 売切終了 不定休(ほぼ無休)

|

« 「西尾中華そば@駒込」の年越し中華そば | トップページ | 中野楽写 「中野区中野」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/50457796

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ@池袋」の年越しスペシャル:

« 「西尾中華そば@駒込」の年越し中華そば | トップページ | 中野楽写 「中野区中野」 »