« 「つけ麺 彩 沼袋店」の紅塩つけ麺 | トップページ | 線路脇の土手に咲く曼珠沙華 »

2010.10.03

「らーめん 一 @東中野」のヤサイマシ

 昨年4月、東中野にオープンした二郎インスパイヤ系「らーめん 一」である。当時初めて行って好印象を持ったのだけど、場所的に「好日」に非常に近いものだから、なかなかこちらを再訪する機会がなかった。どうしても好日へ行ってしまうのですね。

101003_1_1

 でも今日は日曜日。「好日」は休みだ。というわけで、実に久しぶりに寄ってみることにした。12時半過ぎの店内は先客3人。券売機で買った食券を渡しつつ、L字型カウンターの端に座ることにした。わずかに間があって「ニンニク入れますか?」 そうか、この店は先にトッピングを聞くタイプだった。不意を付かれた?せいで、「あ、はいお願いします」と言ってから、「あと、ヤサイマシにアブラも」となんだか二郎しろうと風(^^;

101003_1_2

 「らーめん 580円」
 相変わらずとっても良心的なお値段だ。二郎系はこうでなくちゃね。そして見てください。このヤサイの盛り。スープは軽く乳化していて、まさに二郎インスパイヤ。このヤサイマシ、結構なボリューム感でしょう。あ、ブラックペッパーと一味唐辛子は後から自分でかけたものね。

 スープを一口すすると、うん旨い。でも、やや甘いか。やっぱりカラメにしてもらえば良かったなぁ。野菜を増しにする時は、その野菜の甘みが勝ってしまう、またはスープが薄まってしまうので、必ずと言っていいほど辛め(タレ増し)にするのだけど、今日は呪文がシドロモドロだったせいで、辛めを申告し損ねたのだ(^^ゞ

101003_1_3

 麺は二郎インスパイヤにしてはかなり細めの中太ストレート麺。丸い断面で自家製だそうだ。この麺が硬めに茹で上げられていてなかなか旨い。甘辛い豚骨醤油のスープをよく持ち上げてくれる。
 チャーシューは厚めのものが一枚。少ないけど、食感は二郎っぽくてなかなかよい。まぁ、この値段なら量は文句なし。

 ウマイ旨いといつもどおり食べ進んだのだけど、今日は朝からイベントがあって、午前中に生ビールをすでに5杯?もやっつけている。焼き鳥も随分食べた気がするし。
 そのせいか、麺とヤサイ、チャーシューをほぼ食べ終えたくらいで、突然脳に満腹信号が届き、もう食べられない状態。恥ずかしいことにスープを半分近くも残して、「ご馳走様ぁ、ごめんなさい」。

 せっかく旨い二郎インスパイヤだったのにぃ。悲しひ。なんとかまたリベンジしなくてはなるまい。

◆らーめん 一
 中野区東中野1-56-4 最寄駅:東中野
 11:30-15:00 17:30-23:00(日曜は21時迄)無休

|

« 「つけ麺 彩 沼袋店」の紅塩つけ麺 | トップページ | 線路脇の土手に咲く曼珠沙華 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/49643299

この記事へのトラックバック一覧です: 「らーめん 一 @東中野」のヤサイマシ:

« 「つけ麺 彩 沼袋店」の紅塩つけ麺 | トップページ | 線路脇の土手に咲く曼珠沙華 »