« 「らーめん Kaeru@中野」で控えめなゼンマシ | トップページ | 九州じゃんがらラーメン@原宿 »

2010.09.15

メインマシンのグレードアップ(Win7) その後

 7月に5年と3ヶ月ぶりで自宅のメインマシンを今時のスペックのものに組み換えたと書いた。そしてOSも今なりの WIN7/Pro(64bit) としたわけだ。その結果、当然かもしれないけど、各アプリの起動や画像ファイルの展開・処理スピードなどは格段に早くなった。

100915pc

 しかしながら、慣れた WinXP/Pro から Win7/Proへの移行には少々手間取った。組み換えてから、もうそろ2ヶ月。ようやく元の環境に近いものが成立したので、現時点における感想などをメモ代わりに記しておこうと思う。

 Windows 7(64bit)。その実態は Windows Vista の SP3 だという説があるけれど、とにかくユーザーインターフェース(UI)が随分変わってしまっている。
 短命だった Vistaには触れず、XPからいきなり Win7という人も多くなるだろう。とするとこのUIの変更は、自分なりにカスタマイズしていた人ほど違和感の強いものになりそうだ。

 XPからの移行であった私には、使い勝手という点でほぼ2ヶ月が経過した今でも明らかな違和感が残っている。

 スタートメニューやタスクバー周りなどは、できれば XPのまま、私の場合は更にWin95のままの方が、ずぅっといいのだけど、Win7 には XPにはあった、「クラッシックスタートメニュー」みたいな設定がない。あれこれイジると見た目は近い環境にはできるものの、それでもまだ随分使い勝手が違う、というかはっきり言って使いにくい。

 自分好みに変更したいスタートメニューは、実態が妙なところにあって、且つ作ったはずのフォルダーやショートカットが旨く反映されなかったりする。

 また頻繁に使うエクスプローラーの使い勝手がよくない。XPまでのようにフォルダの左側にサブディレクトリの存在を示す「+」マークが出ておらず、マウスポインタを近くに寄せると、ようやくそれらしいマークが出てくる次第。また左側のフォルダの配下にある右側ペインのサブディレクトリを削除したつもりが親フォルダを削除してしまってたり・・・。更に管理者権限のあるユーザーでも触れないフォルダーがやたら多い。

 エアロなんて要らない。そんなものよりXP/W2K時代のような、あるいはファイルマネージャー(古っ!)ライクなエクスプローラーが欲しい。

 なんだか文句ばかりになってしまったなぁ。UIはXPのままにしといてくれれば良かったのにぃ・・・それだと商品としてお金が取れないということか。

Windows7と使用しているアプリとの互換性

 続いて何人かの友人から貰っている「XP時代のソフトが Win7/Pro(64bit)環境で使えるか」という質問への回答。
 取り敢えずインストールしたソフトを列挙しておきますので、ご参考になればと思います。あ、もちろん私が使った機能だけね。

 OS: Windows 7/Pro(64bit) DSP版

○ 動作OKのもの
 ハードウェア環境は、こちらをご参照願いたい。
(なお、殆ど全てのソフトで「互換性」の管理者権限に「レ」を入れています)

ATOK2006 19.1.4.0 Vista用のパッチを充てる。

Google Chrome 6.0.472.55

画像閲覧ソフト VIX 2.21.148.0
縮小専用 1.5
縮小専用 Air

GIMP 2.6.10 (32bit,64bit)

DVD Shrink 3.2.0.15
DVD Fab HD Decrypter 8.0.0.5
DVD Decrypter v3.5.4.0
IMGBurn 2.5.2.0

CloneCD 5.3.1.4
 試用期間のみ動作確認。尻不明。

Becky! 2.55.00

秀丸エディター Ver.8.01a
秀丸メール Ver.5.39
LHut32

イメージ・ダウン 3.31

Microsoft Office 2003 Pro SP3
(MSも SP3からは正式対応を謳っている。取り敢えずインストールと起動は成立)

Craving Explorer 1.0.0 RC13


△ 制限付で動作可のもの
Photoshop 7.0
 MSのフォント名が文字化けする。スライドバー操作時に挙動不審な時がある。但し致命的なエラーはない模様。
 全ての機能を試したわけではないが概ね動作している。

Nero 8 Essential
(Win7への正式対応は Nero9以降らしい)
 単独での音楽CDのコピー(Buckup)は成立。DVD-Rの焼きのみは未確認。

 DVD Shrink 3.2.0.15 と本ソフトとの連携で焼くDVD-Rはダメ。
  焼いたメディアはPCでは認識し再生できるが、DVDプレーヤー(レコーダー)では4社5機種を試すも再生できず。
  このため、DVD Shrink + DVD Decrypter または DVD Fab 8 +IMGBurn でバックアップする方法に変更。こちらはすんなり成立。

IE(64bit) 8.0.7600 16385
 Flash Playerがインストールできないので 32bit版の方を使っている


× 動作不可のもの
 CloneCD 3.3

 こんなところかな? 他にも細かいソフトは入れたような気がするけど、ここに書くほどのこともないでしょう。

 なお、Win7とご使用中のアプリとの互換性については、こちら「Windows7 アプリケーション動作報告リスト」MSの「Windows 7 対応製品情報」をご利用頂くのがベターかと存じます。

|

« 「らーめん Kaeru@中野」で控えめなゼンマシ | トップページ | 九州じゃんがらラーメン@原宿 »

コメント

私もメインのデスクトップはXPでして、そこからWin 7のNoteを買ったのですがUIがさっぱり分からない
そもそもXPだってクラッシックモードで使ってましたし

Noteは使う頻度も少ないので全くWin 7に慣れません

UIの互換性は大切です

投稿: PROTO | 2010.09.15 19:46

最新の64bit環境って気になります!

メインはPhotoshopとTMPGEncなので、これらが速くなるらしいのは魅力なんだけど...

UI,私もXPでクラッシックです。ここから先には行きたくないなぁ~

投稿: Yang | 2010.09.15 20:13

▼ PROTOさん

 Win7(Vistaから?)のUIは変わりすぎですよね。

 スタートメニューやタスクバー周りはなんとか慣れるしかないかなと思い始めてますが、エクスプローラーはどうにも嫌い(^^; 私の場合、頻繁に使うので。
 クラシック環境に戻すフリーウェアなども探してみましたが、64bit版だと動作しなかったりとなかなか旨くいきまへん。

▼ Yangさん
 TMPGEncは使ったことがないので判りませんが、PHOTOSHOPの起動時間や DVD Shrinkのリッピング~圧縮時間などは圧倒的に早くなりましたよ。

 もっとも、それは Win7 64bitだからというより、ハードの性能に相当依存しているような気がしますが。

 同じスペックで XP(32bit) → 7(64bit)を体感してみたかった気がします。一説によると Vista SP2 までと比べて格段に軽くなり、結果的にXPと同等、それよりも軽いかも知れないとか・・・。

 であれば、現XP機にメモリだけ増設して、Win7インストールでいいのかもしれませんね。
 Win7があんなにバカ高いOSでなければ、私も手持ちのノートPCで、トライしてみたいもんだと思っています。

投稿: BUSH | 2010.09.17 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/49451873

この記事へのトラックバック一覧です: メインマシンのグレードアップ(Win7) その後:

« 「らーめん Kaeru@中野」で控えめなゼンマシ | トップページ | 九州じゃんがらラーメン@原宿 »