« 屋内用地デジアンテナは準難視聴地域でも有効か(2) | トップページ | 「がんこ@池袋」ハマグリのホワイトラーメン »

2010.09.20

「覆麺 智@神保町」牛乳コーンスープの塩

 敬老の日。「覆麺 智」では祝日スペシャルをやってくれるそうだ。メニューは何だったか判っていないけど、とにかくも友人Sとともに出かけることにした。

10092001

 今日は定例のデスマッチというわけでもないので、整理券もなければ、開店前の行列も少ない。開店時間の11時時点でのお待ち人数はざっと10数人といったところだろうか。

 ほぼ定刻に開店。今日は店主O氏と白妹S嬢の二人体制。家元がいないのはちと寂しいけど、まぁ仕方ない。

10092003 10092005

 開店の直前に店先に貼られたのがこれ(左)。ようやく今日のスペシャルの内容がわかった。右は寸胴の様子。澄んだダシの中に丸鶏が沈んでいるのがかすかに判る。

10092009

 「牛乳コーンスープの塩ラーメン (バターのせ) 880円」
 レタスの上に載っているのは、クラムチャウダーのクラム抜きみたいなヤツ。左下はハムチャーシュー、中央下はスイートコーン、そしていつもの海苔の代わりに青海苔が散らされている。

 そのスープを一口すすると、見た目もそうだけど、思ったよりトロミ感が少ない。なるほど、だからホワイトラーメンとせずに牛乳とコーンのスープという言い方にしたわけだ。「いつものホワイトとは違いますよ」、そんな風言っているように感じた。そして全体に大人しめの印象。ちと物足りないので、タレを少し足してもらった。うん、この方がいい。

10092010r

 麺は前回のデスマッチで使ったものと同じと思われる、極太平打ち麺。この麺がまたツルツルのシコシコで旨い。O氏は茹で加減を気にしていたけれど、ちょうど良い仕上がりだった。
 バターを溶かし、ブラックペッパーを振ってやる。バターのショッパ甘さとペッパーのピリッがよく合って、平打ち麺に絡んで上がってくる。うーん、これもいいねぇ。

 最近この店が好んで使うハムチャーシュー。これ自体なかなかな旨いのだけど、いつものバラ肉ロールの大判チャーシューの方が好きだな。とろけたところを麺と一緒に食べるあの快感が味わえないのはつまらない。
 ややショッパ目に仕上げられたチャウダー風野菜煮込み?もこのスープによく合っていて旨い。

 今日はお次が控えているので全汁は避けて、スープを 1/3ほど残すことにした。でも、それもツライことだったなぁ。

 さて、それではお次の店、池袋へと向かうことにしよう。

◆覆麺 智(とも) 会員制
 千代田区神田神保町2-2 のあたり 最寄駅:神保町
 11:00-22:00 土日祝は 18:00頃まで 売切れ終了あり
 不定休(ほぼ無休) 平日夜の部 17:00-22:00 のみ会員制
 非会員の方は会員と同伴か、オープンの平日昼の部または土日祝にどうぞ。
 但しオープンであってもラーメン大好きな人に限るそうです。

|

« 屋内用地デジアンテナは準難視聴地域でも有効か(2) | トップページ | 「がんこ@池袋」ハマグリのホワイトラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/49513227

この記事へのトラックバック一覧です: 「覆麺 智@神保町」牛乳コーンスープの塩:

« 屋内用地デジアンテナは準難視聴地域でも有効か(2) | トップページ | 「がんこ@池袋」ハマグリのホワイトラーメン »