« 「喜紳@中野」の和風つけ麺 | トップページ | 新店「麺屋 一燈(いっとう)@新小岩」 »

2010.06.24

「二代目 武道家@中野」の硬め濃いめ

 中野駅を南口に出て用を足した。さてどうしよう。最初は「地雷源」に行こうかなと思ったけど、今日はもっと強い味のラーメンが食べたいと思った。そんなわけで「二代目 武道家」である。

100624bdk1

 19時少し過ぎという時間。店内は半分ほどの客の入り。麺の硬さ、タレの量、脂の量をお好みで選べるのが家系の特徴。近くのカウンターに座って食券を示しつつ、いつもどおり「カタメ コイメ オオメ」をコール。

100624bdk2

 「ラーメン(中盛り)750円」
 表面をアブラが覆っているせいで、全く湯気が立っていない。しっかりした食感のチャーシューと大きめの海苔、そしてほうれん草というのがまた家系の特徴。ニンニクと豆板醤、ショウガを少しだけチャーシューの上に載せて、これは後のお楽しみに。

 レンゲでスープを一口すすってみると、うわっと思うほど濃い。まだおろしショウガを溶いたわけでもないのに、何故かショウガの風味を感じる強い味のスープだ。

100624bdk3

 酒井製麺製の極太麺。今日の茹で加減がまた硬い。確かに「カタメ」とは言ったけど、これほど硬いのは家系では始めてかも。ゴワゴワ感さえ感じる茹で上がりだった。硬いのは嫌いじゃないので、何の文句もないけれど、麺にしてもスープの濃さにしても担当によってこうも違うものかと改めて驚かせられた。

 先にトッピングしておいたニンニンクなどをそれぞれ溶いてスープに入れると、また風味が変わって楽しい・・・のだけど、この濃すぎるスープは全汁せずに、ほんのわずかだけ残した(^^;

 「二代目 武道家」のカタメコイメ、作り手にもよるのだろうけど、なかなか侮れません。お好きな人は是非どうぞ。

◆横浜家系らーめん 二代目 武道家
 中野区中野3-34-32 最寄駅:中野
 11:00-15:00 16:00-26:00 無休
  (2009.5.20オープン)

|

« 「喜紳@中野」の和風つけ麺 | トップページ | 新店「麺屋 一燈(いっとう)@新小岩」 »

コメント

BUSHさんが全汁できないなんてどんだけ濃いんだが、、、。

投稿: しんぺー | 2010.06.25 09:29

きっとものすごーく濃いんでしょうね…
自分は武道家は好きですが、薄めコールでもやや濃いめに感じております。
明日はオリオン食堂2に行く予定です!
楽しみです。

投稿: Aty@新風 | 2010.06.26 03:55

◆しんぺーさん

 今日のはこれまで食べた家系の「濃いめ」の中でも最も濃いものでした。一度どうぞ。

◆Aty@新風 さん
 味加減は好みですからね。薄めももちろんありだと思いますよ。今回のは特別だったのでしょう。

 オリオン食堂、どうだったんだろう。

投稿: BUSH | 2010.06.27 04:09

確かに、厨房に立っていらっしゃる店員さんによって、出来上がりが違うことあります。ここはそういうことがあったのですね
エントリーを拝見すると、濃いめのスープに荒々しい麺ということで、おいしそう。最近いただいていないこともあり、同じ時間帯を狙ってみたくなりました(笑)

投稿: shannon | 2010.06.28 23:52

 ども、shannonさん。

 この日の「違い」は極端でした。あるいは、最近のカタメコイメはそういう方向に振ったのかも。
 もしそうなら、今度は「ややコイメ、ややカタメ、ややオオメ」なんていう言い方が必要?(^^;

 また同じような時間に私も行ってみたいと思っています。スタッフのお一人は、二の腕に派手なタトゥが見えました。

投稿: BUSH | 2010.06.29 11:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/48715022

この記事へのトラックバック一覧です: 「二代目 武道家@中野」の硬め濃いめ:

« 「喜紳@中野」の和風つけ麺 | トップページ | 新店「麺屋 一燈(いっとう)@新小岩」 »