« 新店「豚麺研究所@神田」強人ラー油ゴマつけ麺 | トップページ | 博多まるきんラーメン@金町 »

2010.05.23

「がんこ@池袋」イノシシ肉の悪魔

 第4日曜日。昨日の「覆麺」に続き「がんこ池袋」のスペシャルの日。今月は奇数月だから「悪魔」のはずだ。メインの具材は何だろうと思っていたら、なんと猪(イノシシ)の肉だという。

100523gib1

 定刻を数分過ぎて開店。こちらもあまり行列はできていない。開店前で10人強といったところか。

100523gib2 100523gib3

 右の画がその猪肉。肩ロース部分だそうだ。猪肉は以前食べたことがあって、そのときは豚肉に似た感触を持ったのだけど、ご主人のルイスさん曰く「この肉はちょっと違う」のだそうだ。先着数人には、ソテーして出せるだろうとも。

100523gib4 100523gib5

 左はその猪の悪魔肉。右は猪のチャーシュー。猪のスープにチャーシューと悪魔肉、しゃぶしゃぶ。更にソテーした猪の肩ロース肉。まさに猪の肉づくし。むほ、これは楽しみだ。

100523gib6

 「猪(イノシシ)肉の悪魔ラーメン 1,000円」
 肩ロースの生肉が目を引きますな。これはスープに浸してしゃぶしゃぶにするなり、そのまんまイクなりご自由にだって。上(海苔の下)から時計回りに書いておくと、悪魔肉、ソテーした肩ロース、チャーシュー。中央が生肉ね。他のトッピングは、味玉にキザミねぎ。

 そうして、この悪魔独特の茶褐色のスープ。いかにも濃くてショッパそうでしょう? そのスープをひとすすりしてみると。うん、実際きっちりとショッパ旨い。思ったほど脂っぽくなくて、ちゃんと悪魔らしい悪魔に仕上がっている。どこが猪肉のダシなのかはバカ舌の私には判らないのだけど、いつもの豚骨系とは違った荒々しさとコクがある。

100523gib7

 いつものツルツルでシコシコ、最高の食感の中細ストレート麺がこの悪魔スープをよく持ち上げる。本来玉子色の麺が、悪魔スープの色に染まっているのがわかるでしょう。美味しい、でもショッパい。ショッパいけど、旨い。

 やや厚めに切られた猪の肩ロース肉。プリプリの食感で豚に似ているようでもあり、まるで違うようでもあり。豚と牛の中間みたいな味がする。

100523gib8 100523gib9

 左は猪肉のチャーシュー。こちらは柔らかく、悪魔肉は硬く、それぞれ食感も変えて上手に仕上げてある。右は薄切りの生肉。これを軽くスープに浸して・・・柔らかくてウマイや。

 今日のスープはかなりショッバくて濃いので残そうなんて思っていたのだけど、それでも残せないのが、この悪魔スープ。血圧を気にしつつも、やっぱり完食の全汁なのでした。

 店を出ると、コメカミのあたりがピクピクする気がしたので(^^;、コンビニで野菜ジュースを買って飲んでおいたけど・・・気休めか(^^ゞ

◆元祖一条流がんこ 池袋店
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 営業時間:11:30-22:00頃(売切終了・中休みありかも)
 不定休(ほぼ無休)

|

« 新店「豚麺研究所@神田」強人ラー油ゴマつけ麺 | トップページ | 博多まるきんラーメン@金町 »

コメント

ども、たけです!何ですか!『猪』とは! 旅館とかでしか食った事ないですよ(汗)


しかも、悪魔。。。
食べたいなぁ。。。


そのアンテナの広さが羨ましいですよ。
フテクサレたんで、覆麺悪魔と西早稲田がんこでも連食します…


食いたい!

投稿: たけ | 2010.05.27 01:55

 ども、たけさん。

 猪だと知ったのは前日のことでした。もっとも、知らなくても第4日曜日は「がんこ池袋」なんですけどね。

 ルイスさんが作るラーメンはどれも旨いっす。ご都合が許すようなら、是非スペシャルにもどうぞ。

 あと最近、西早稲田はアンテナがなくなってしまったので、行けてないのです。塩コッテリ、食べたいなぁ。

投稿: BUSH | 2010.05.28 05:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/48440288

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ@池袋」イノシシ肉の悪魔:

« 新店「豚麺研究所@神田」強人ラー油ゴマつけ麺 | トップページ | 博多まるきんラーメン@金町 »