« はとバスで「ネモフィラの丘と花の名所」3 | トップページ | はとバスツアーの後に「楽釜製麺所@新宿西口」 »

2010.05.15

はとバスで「ネモフィラの丘と花の名所」4

 茂木町から益子の町を再び通り、バスは北関東自動車道路へ。ここから最終目的地までは東北道・北関道を経由して2時間弱の道程となる。半分はうたた寝をしていたかもしれない。そろそろお尻が痛くなってきたなぁという頃、「世界が息を呑むほどの美しさ」だという藤の花で有名な「あしかがフラワーパーク」に到着。藤はちょうど見ごろだそうだ。

100515hb41

 園内を散策しながら、あちこちをパチリ、パチリ。こちらは 80m?続くという藤のトンネル。

100515hb42

 続いて白糸の滝ならぬ「白藤の滝」。藤の花というと淡い紫色ばかりを想像していたのだけど、白や黄色もあるということを初めて知った。17時過ぎの西日を浴びて、全体にやや黄色味がかってしまうけど、この時間帯に見る花々もいい。

100515hb43

 この時期、TVなどでもよく取り上げられているそうだから、見たことがある人も多いかもしれない。それでも樹齢140年の藤の古木が、いっぱいに張った枝から沢山の花を垂れているのは、なかなか見ごたえがある。

100515hb44_2

 藤棚の下に入るとこんな感じ。他にバラなどもあるのだけど、この時期はとにかく藤、ふじ、フジ。

100515hb45 100515hb46

 ここも1時間ほどの滞在。お土産などの買い物を済ませて帰路へつくこととなった。高速も首都高も珍しいくらい順調。新宿西口に戻ったのは20時半過ぎ。バスにのっていた時間は延べ9時間ほどか。全行程13時間のうちざっと7割がバスの中だったことになる。

 これを自分で運転してと考えるとゾッとするところだけど、実際には缶ビールをプシッとして、ガイドさんの名調子を聞きつつ眠くなったら寝てればいい。そして気づいた頃には目的地に着いてたりするわけだから、やめられない。
 花に始まり花に終わった充実の一日なのでした。やっぱりはとバスの旅は楽チンでいいね。

◇花の芸術村 「あしかがフラワーパーク」
 http://www.ashikaga.co.jp/
 入園料:大人 1300円 子供 700円 (時期や時間帯で料金が異なります)

◇これまでの「はとバスツアー」記
 2009.7.04 はとバス新型車両で夜のお台場へ
 2009.6.06 はとバスで行く「初夏の尾瀬」前・後
 2009.3.20 はとバスで春の南房総へ (1-9)

◆はとバス
 http://www.hatobus.co.jp/

|

« はとバスで「ネモフィラの丘と花の名所」3 | トップページ | はとバスツアーの後に「楽釜製麺所@新宿西口」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/48389270

この記事へのトラックバック一覧です: はとバスで「ネモフィラの丘と花の名所」4:

« はとバスで「ネモフィラの丘と花の名所」3 | トップページ | はとバスツアーの後に「楽釜製麺所@新宿西口」 »