« 中野の逸品?「麺彩房@中野」のつけ麺 | トップページ | 「覆麺@神保町」で賄い悪魔 »

2010.04.12

ラーメン二郎 武蔵小杉店

 新横浜で仕事を終えた。菊名から湘南新宿ラインに乗り換えて一眠り・・・のつもりだったのだけど「武蔵小杉」という駅名を見ていきなり気が変わってしまった。このチャンスを逃したら、たぶんもう絶対に次の機会は訪れないだろう。というわけで、途中下車。こっちに詳しい友人に電話して場所を確認。外は結構な雨だけど、いいのだ、濡れても行くのだ。行かなくてはならないのだ。

100412ksj1

 というわけで、お初となる「ラーメン二郎 武蔵小杉店」である。あのというか噂に名高い「小杉二郎」なわけですよ。
 17:30過ぎという時間、雨のせいか幸い行列もなければ、店内のお待ちさえない。入り口を半分ほどふさぐ形で置かれている券売機で買ったのが「豚入り」と書かれた食券。一般的な二郎では、いわゆる「小豚」に該当する。食券は天板の上に置いて着席。待つことしばし・・・ 「豚入り、ニンニク入れますか?」と聞かれて「ゼンブマシデ」。

100412ksj2

 「ラーメン(豚入り) 750円」
 で、出てきたのがこれ。ヤサイマシにしてはその量は少なめ。ヤサイだけマシマシにすれば良かったか。茹で時間が長いせいかそのヤサイはクタッとしている。それがこの店の特徴かな。三田チックでもあり、別に嫌いではない。テッペンの一味唐辛子は自分でトッピングしたものね。
 天地返しをしようとしたら、スープがこぼれた。出された時点ですでにこぼれてたから、まぁ仕方ない。

 スープを一口すすってみると、おやま予想に反してライト系。でもカネシが効いているのと、二郎系独特の豚骨ダシが良く出ていて、このスープ旨いやぁ。同じ直系ライト系でも荻窪とはまた一線を画しますな。

100412ksj3

 綺麗に天地返しができなかったけど、麺はこんな感じ。直系二郎にしては色はやや白く且つ細め。茹で加減はヤワめだけど、この麺も旨い。

 ブタ(チャーシュー)は、脂身多めだけど柔らかくて私好み。スープがライト系だったのだけが意外だったけど、この「二郎」、気に入ってしまった。

 また是非とも食べに来たい。そうは思うものの、またこの店に来られることはなさそうだなぁ。横浜には関内二郎、鶴見にも川崎にもある。この地域のジロリアンが羨ましいな。

 食べ終わってドンブリを天板に上げると、こぼれて冷えたスープが、その脂分ゆえにテーブル上で凝固していた。ライト系と感じていたのに・・・恐るべし、小杉二郎(^o^)v

◆ラーメン二郎 武蔵小杉店
 川崎市中原区上丸子山王町 1-1393 最寄駅:武蔵小杉
 11:15-14:00 17:00-21:00 火曜休

|

« 中野の逸品?「麺彩房@中野」のつけ麺 | トップページ | 「覆麺@神保町」で賄い悪魔 »

コメント

味は良いのに、ここの二郎は店員が残念ですよね

投稿: | 2010.04.15 23:15

 ども、No Nameさん。
 コメントありがとうございます。

 そのような噂は聞いていたのですが、それほどとは感じませんでした。
 「いらっしゃいませ」はなかったような気がしますが、食べ終わって器を天板に上げ、ご馳走様と帰ろうとすると、背中越しに「ありがとうございました」という声が聞こえてきました(^o^)v

投稿: BUSH | 2010.04.16 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/48073829

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン二郎 武蔵小杉店:

« 中野の逸品?「麺彩房@中野」のつけ麺 | トップページ | 「覆麺@神保町」で賄い悪魔 »