« '10新井薬師の桜が開花 | トップページ | '10「新井薬師」春の花とメジロ »

2010.03.22

「覆麺@神保町」春分の日スペシャル

 春分の日(の振替休日)。そんな日に相応しく東京に開花宣言が出た。そう言えば基準木?のある靖国神社脇の桜は確かに咲き始めていたっけ。ということで今日は「覆麺@神保町」の春分の日スペシャルである。

100322fkm1

 事前に充分告知がされていたわけではないみたいで、今日の行列は少なめ。こちらとしてはその方がありがたい。見知った顔fはチラホラ。例によって定刻を10分ほど遅れて開店。

100322fkm2 100322fkm3

 左は今日の寸胴の様子。いつものリンゴの他に丸鶏と煮干しがわずかに見える。右は溶き玉子の中華風あんかけとでも言うか。沈んで見えないけど、ホワイト海老?は 9kg使ったそうだ。トッピングは味玉とバターをお願いした。

100322fkm4

 「ホワイト海老と丸鶏の塩ラーメン 880円」
 この澄んだスープは、がんこ系の塩に共通するものだ。珍しくいつもの大きなチャーシューは載っておらず、代わって白い海老が沢山載っている。ホワイトタイガーという種類の海老だそうだ。ショッパめの味付けがされている。(昨年同じ時期のバナメイ海老とどう違うのだろう。よくわからないや) さらに溶き玉子の中華風あんかけもそれなりにショッパくて、まさに「らしい」一杯だ。

100322fkm5

 いつもどおりかために茹でられた細麺が旨い。あんかけの部分と一緒に頬張ると、トロミと塩の甘みが口の中であふれる感じ。チャーシューがないのは、ちょっとだけ違和感があるけれど、これはこれでいい。玉子のまろやかさと糸唐辛子の辛さが良い対象になっている。
 今日の一杯はホワイト師プロデュース?によるものだそうだ。家元の下で長いだけのことはある。さすがですなぁ。

 例によって完食全汁の覆麺なのでした。ご馳走様。

◆覆麺(ふくめん) 会員制
 千代田区神田神保町2-2 のあたり 最寄駅:神保町
 11:00-22:00 土日祝は 18:00頃まで 売切れ終了あり
 不定休(ほぼ無休)
 非会員の方は会員と同伴か、オープンの土日祝日にどうぞ

|

« '10新井薬師の桜が開花 | トップページ | '10「新井薬師」春の花とメジロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「覆麺@神保町」春分の日スペシャル:

« '10新井薬師の桜が開花 | トップページ | '10「新井薬師」春の花とメジロ »