« 久しぶりの「武蔵野そば処@中野」 | トップページ | 「がんこ西早稲田」真鯛の悪魔正油 »

2010.02.23

久しぶりの「ラーメン二郎@京急川崎」

 数ある二郎系の中でも私が愛して止まない「二郎@京急川崎店」である。まぁちょっと大げさだけど、お気に入りの二郎なのだ。と言う割りにはここへもなかなか来る機会がない。それでもなんとか営業時間中に川崎にいることができると、なんとしてでも寄ってみようと思う。今日も行列が絶えない。ざっと10人待ちだ。

 券売機の前で一瞬迷った。久しぶりの「川二郎」だから「大豚」にしようかと思ったのだ。でももう「大」はきっと無理だよなとこちらを選択。

100223kjr1

 「小豚ラーメン 800円」
 いつもにこやかなご主人に「どうぞ」と促されて、呪文は例によって「ゼンマシ」。つまり「ヤサイ・ニンニク・カラメ(タレ)・アブラ」を全て増量の意味ね。するとご主人、片手を上げて「了解」を示すいつものポーズ。

 出てきたブツにテーブル上に置かれているコショーを多めにかけて、唐辛子を二種類ともトッピングしたのがこの画。いやぁ私の大好きな「二郎」の景観なんですね。
 そうして、レンゲでスープを一口すすると・・・おおっ、まさに直系二郎。濃くてヤサイの甘みとカネシの旨み、更にアブラの甘みが効いた、文句なしの京急川崎なんです。

100223kjr2

 まずは麺を持ち上げたところをパチリとやっておいて、天地返し。ここから先はワッシワシとシャニムニ食べ進むわけです。あ、時々唐辛子を足しながらね。
 今日の豚は日光の手前(今市)だったかなぁ。肉の硬い部分と脂身部分がハッキリ分かれてて、脂身のカタマリ部分が多かった。まぁ仕方ない。それも含めて「二郎」なんだもの。

 スープをすすり、極太ストレート麺とヤサイを一緒に頬張るのが至福のとき。これがファンにはたまらない瞬間なんですな。うまい旨いと完食の全汁。いやはや、大満足。「大豚」にしなくて正解。これで苦しいくらいの満腹だ。

 JR川崎駅からはちょっと遠いけど、やっぱりわざわざ来てよかった。はたして今度はいつ来られるだろうか。

◆ラーメン二郎 京急川崎店
 川崎市川崎区本町 2-10 最寄駅:京急川崎 or JR川崎
 11:00-14:00 18:00-22:00 土 11:00-16:00 日祝休

|

« 久しぶりの「武蔵野そば処@中野」 | トップページ | 「がんこ西早稲田」真鯛の悪魔正油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/47648585

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの「ラーメン二郎@京急川崎」:

» 【京急川崎】ラーメン二郎 [隊長日誌 (ラーメンミュージシャンの日記)]
29歳になりました~ あと一年で三十路ぞっとしますぜww 誕生日ももちろんラーメン。川崎のイベントに出るので、ラーメンも川崎で。京急川崎の二郎に来ました^^ 14:30着で6人待...... [続きを読む]

受信: 2010.03.15 11:42

« 久しぶりの「武蔵野そば処@中野」 | トップページ | 「がんこ西早稲田」真鯛の悪魔正油 »