« 「がんこ@池袋」牡蠣のホワイト味噌ラーメン | トップページ | 「がんこ八代目@末広町」で醤油コッテリ »

2010.01.25

久しぶりの「魚屋よ蔵」

 久しぶりの「立呑酒場 魚屋よ蔵@中野」である。この店が昭和新道商店街にできたのは、2005年夏のこと。もう4年半も経つのだ。

Yozou_hisa

 当時はまだ「パニパニ」も現「石松」もない頃で、中野の立ち飲みブームの先駆けとなった店だった。焼きもの系が多い立ち飲み屋さんにあって、新鮮な魚介を安く出してくれる、新しい形態の店だった。
 午後4時から開いていることもあって、よく「春」の開店待ち、空き待ちにも利用させてもらった。

 その後「パニパニ」ができ、「春」が「石松」と名前を変え昭和新道に移転してきたりして、訪問頻度は減ってしまったが、開店当時から変わらぬ味・値段、そして接客を続けていてくれる。

 そういえば開店当初の記事にこんなことを書いている。

==== 以下引用 ============================
 店員さんの感じもいいし、こんな店が帰宅途中にできてしまうと困るではないか。中野駅を降りて「四文屋」の誘惑を振り切り、「加賀屋」の香りに鼻にセンをし、「もつ焼き春」のレバサシの魅惑をもくぐり抜けて、ようやく自由世界との境界線である早稲田通りにたどり着こうとすると、その寸前にこの店。嗚呼、と深いタメイキをつく私なのであっった。
==== 引用終り ============================

 おじさんが安心して飲むことができる店。って、立ち飲み屋さんだから当たり前か(^^;

 今日も大将と「若」大将が、笑顔で迎えてくれた。上の画は「下町のハイボール」と「自家製塩辛」に「厚揚げ」。ハイボールは二杯飲んだかな? それで千円とちょっと。
 安くて旨くて接客が気持ちいい。三拍子揃ったいいお店です。この店に寄った(酔った)ことがない人は一度是非どうぞ。

◆立呑酒場 魚屋よ蔵
 中野区中野5-48-5 最寄駅:中野
 中野昭和新道商店街 16:00-23:00 日祝休

|

« 「がんこ@池袋」牡蠣のホワイト味噌ラーメン | トップページ | 「がんこ八代目@末広町」で醤油コッテリ »

コメント

昭和新道定期巡回 ご苦労様ですw
さて、薬師ネタですが、「駅前食堂」の隣に
博多らーめん『リンダマン』 なる店が開店する模様です。
すでに、沼袋には開店していて(南口をでて 中野方面へ 橋渡ってすぐ右)
本店は八千代?駒込にもある資本系のようです。
‥それにしても、新井薬師と沼袋に開店とはw
「四文屋」級?ww ですよね。 あっ、私は未食です。

投稿: 麺史郎 | 2010.01.26 17:13

 ども、麺史郎さん。

 定期巡回というか帰り道というか(^^ゞ

 沼袋リンダマン情報はパニママを通して聞いておりました。
 メニューには「白とん」「赤とん」「黒とん」等あるらしく博多豚骨白湯系かなぁと。近々行ってみようと思ってたのですが、新井薬師にもできるんですか。であれば、そっちを待とうかと思います。
 ネットで調べて見たら、「ゼットン」の関連店?みたいな。

 そう言えば四文屋にも最近行ってないなぁ・・・。

投稿: BUSH | 2010.01.27 01:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/47384495

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの「魚屋よ蔵」:

« 「がんこ@池袋」牡蠣のホワイト味噌ラーメン | トップページ | 「がんこ八代目@末広町」で醤油コッテリ »