« 「高円寺とりそば大喜庵」の塩 | トップページ | 「覆麺@神保町」年末SP あんきも味噌 »

2009.12.25

「つけめんTETSU(てつ)@高円寺」のまぜそば

 ここのところ「高円寺らーめん横丁」ネタが続いている。お隣の駅にこんな施設ができてしまったのだから、仕方ない。しばらくお付き合い願いたい。
 と言っても私の場合は偏っていて、この「つけめんTETSU(てつ)」と「大喜庵」ばかりになってしまいそう。辛いのが苦手なのと、なんだかやたらと若いモンが多いという主観のみで「中本」はパスだし、「くにがみ屋」は川崎や船橋にもあって、食べたことがあるしね。。

 先日はこの店の基本である「つけめん」を食べた。今回は「煮干しそば」にしようかと迷ったのだけど、この極太麺の旨さを活かすのなら「まぜそば」が良さそうと券売機のボタンをボチッ。
 フロア担当のお兄さんに食券を手渡すと、「ニンニクお入れしていいですか?」と聞かれた。反射的に「ヤサイニンニク・・・」と出そうになるのをなんとかこらえて「お願いします。」

Tetsu2_1

 「まぜそば 750円」
 タレが陶製のグレービーポットみたいなのに入って出てきた。背脂が浮いているのがわかるだろうか。そしてタレの色が見るからに赤っぽくて辛そう。実際、香りはラー油のそれだ。これは失敗したかなと思って、まずは少しだけ麺にかけて食べてみると、思いのほか辛くない。これなら大丈夫と全部をかけてマゼマゼ。底に生玉子が沈んでた。
 麺の方には沢山の野菜と揚げニンニク。二郎っぽくて嬉しい。

Tetsu2_2 Tetsu2_3

 マゼマゼ後の画はやっぱりジャンクだよなぁ。でもこれが好きなんですね。
 極太縮れやや平打ち麺の食感がいい。ピリ辛のタレと玉子が絡んで、ペロンチーノのカルボナーラみたいな。細かくジェル状になった背脂もしつこくなくていい。

 つけ麺で、凄く旨いと感じたチャーシューは、細かくきざまれていて、食感的にはイマイチだけど「まぜそば」なんだから仕方ないか。

 麺の旨さをじかに感じられるのは、やっぱり「つけ麺」か「まぜそば(油そば)」だよなぁと改めて思った。

 あと、この店では「煮干しそば」が残るのみ。また早めに食べに来ようと思っている。

◆つけめんTETSU(てつ)高円寺店
 高円寺らーめん横丁
 杉並区高円寺南3-70-1 高円寺ストリート2番街B1
 11:00-23:00 (どの店も売り切れ終了) 無休

|

« 「高円寺とりそば大喜庵」の塩 | トップページ | 「覆麺@神保町」年末SP あんきも味噌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「つけめんTETSU(てつ)@高円寺」のまぜそば:

« 「高円寺とりそば大喜庵」の塩 | トップページ | 「覆麺@神保町」年末SP あんきも味噌 »