« 信州へ・諏訪湖SAより | トップページ | 大晦日の朝はモノクローム »

2009.12.30

「麺とび六方@松本(村井)」のラーメン

 安曇野の家内の実家に着いて一休みのつもりがコタツで爆睡。メールが着信して「夕方麺油(You gotta mail!)」(^o☆)\カシッと騒ぐので、起きてみるともうお昼を廻っていた。失敗。混まないうちに行こうと思ってたのに。
 メールは 信州在住の友人PROTO氏から頼んでおいたラーメン情報が届いたものだった。その中から選んだのがここ。「麺とび六方」である。

091230mtr1

 中央本線(篠ノ井線)の村井という駅の近くに、昨年2月頃オープンした店だそうだ。PROTOさんによると、かなり本格的な「二郎インスパイヤー」だという。13:40なら空いているだろうと思って店の前に着いてみると、店の前には4人のお待ち。まぁこの程度ならと並ぶことにした、のだけど店内にも6人ほどのお待ちがいた(^^;

 で、中に入って驚いた。店が広く席数も多い。カウンター10席に4人がけのテーブルが5。ざっと30席はある勘定だ。厨房のスタッフは3人。待っている時から回転が悪いなぁと思っていたのだけど、無理もない。厨房の能力に対して客席数が多すぎるのだ。更に子供連れ家族連れのお客さんが多いものだから、余計回転は悪くなるという・・・(^^;
 ともかくも、せっかく来たんだから待ちましょう。結局、並び始めてから目の前にラーメンが出てきたのは約35分後。

091230mtrp

 「ラーメン 680円」
 この店は「本格的二郎インスパヤー」と言えど「ニンニンク入れますか?」があるわけでも、呪文を唱えるわけでもない。食券をお兄さんに渡す時に、野菜、ニンニク、脂の量を大中小から選べるようになっているようだ。今日は何故か「脂がない」そうなので「野菜とニンニクを大」でお願いした。その結果出てきたのが、この画。

 もう、そのまんま「二郎」してますな。ブタをほぐしてあるのは馬場二郎風か。ヤサイはキャベツの割合が高め。これはいいね。テーブルの上にはラーメンのタレが載っている。これを適宜加えれば「カラメ」が成立するわけだ。一味唐辛子をかけて、天地返し。

091230mtr4

 麺は太麺でオーション使用っぽい。ニンニクはドカモリだ。スープもいかにもそれっぽい。たしかに PROTOさんが言うとおり「本格的な二郎インスパイヤー」に仕上がっている。ちょっとニンニクが辛かったのだけが、違和感があったものの、充分美味しく食べられた二郎風ラーメンなのでした。

 またいつか来てみることにしよう、と思ったのだけど・・・スタッフの中のリーダーっぽいお兄ちゃん。金髪で耳に沢山のピアッシング。不快感を与えるというより、まるでそこらの地べたに座り込んでいる子供達みたいだ。仕事ぶりはともかく、食べ物屋さんに勤める格好ではないよなぁ。気に入らなきゃ行かなければいいのだけど、美味しい二郎インスパイヤーを食べさせるだけに惜しいと思うのだ。

◆麺とび六方
 松本市大字芳川村井町205-30
 11:30-15:30 17:30-21:00 木曜休

|

« 信州へ・諏訪湖SAより | トップページ | 大晦日の朝はモノクローム »

コメント

早速行かれましたね
長野県でも二郎インスパイヤ系増えてますが、ここのが一番二郎っぽいのです
東京に行かなくても会社の近くでこのくらいのが食べれるところがありがたたいのです

そんなおにいちゃんいたかな?と思ったら昨年末に行っていらい、もう1年行ってなかった

投稿: PROTO | 2009.12.31 11:09

BUSHさん 大晦日になってしまいました… 
本当にご無沙汰しています   ごめんなさい
秋から体調を崩し、ゆっくり連絡をすることもできず終いでした…

今年も1年本当にありがとうございました。今日は当然安曇野ですね!
来年もよろしくお願い致します
あたしは最後のお仕事に出かけてまいります

投稿: mi87 | 2009.12.31 13:38

▼PROTOさん

 おっしゃるとおり、凌駕系で食べたものに比べると、ここのが一番二郎っぽい。
 また、機会があったら行ってみたいと思います。今度はつけ麺かな。

 そして情報ありがとうございました。
 今日もお薦め頂いた大町の店へ行こうと思ったのですが、雪で断念。変わって穂高にある似た名前の店へ廻ってみましたが、こっちは営業してませんでした。残念。

 明日も大町方面は大雪なんだろうなぁ。
 良いお年を。

▼mi87 さん
 こちらこそご無沙汰しています。体調を崩してたって、今はもういいんですか? であれば良いのですが。
 今日もお仕事だそうで・・・戻られたら是非ノンビリしてください。そしてご自愛下さいね。

 また信州へどうぞ。そのときはご一緒できるといいなと思っています。来年も宜しく御願いします。また良いお年を。

投稿: BUSH | 2009.12.31 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/47159034

この記事へのトラックバック一覧です: 「麺とび六方@松本(村井)」のラーメン:

« 信州へ・諏訪湖SAより | トップページ | 大晦日の朝はモノクローム »