« 「高円寺らーめん横町」がオープン | トップページ | 【新店】つけめんTETSU 高円寺店 »

2009.12.21

【新店】高円寺とりそば大喜庵

 というわけで、最初はこの「高円寺らーめん横町」の目玉である「高円寺とりそば大喜庵」である。

091221dka1

 あの「天神下大喜@湯島」のセカンドブランドであり、もちろん知名度はこの店がNo.1だろう。かくいう私も「大喜」の大ファンなのだけど、残念ながら私の普段のテリトリーにないせいで、滅多に訪問することはない。最後に行ったのはいつだろうと思って過去ログを見てみたら、なんともう4年も前のことだった・・・いやはや。

091221dka2 091221dka3

 暖簾には、大喜庵の「庵」の字の右下に、「天神下大喜」と丸に囲まれてある。
 メニュー(右の画)はこんな感じ。大喜の「とりそば」と言えば「塩」だよなぁ。醤油にしようか塩にしようか最後まで迷ったけど、今回はメニューの右側、券売機の左上にある方ということで、醤油でイクことにした。何よりここは「大喜」ではなく「大喜庵」なのだから。

 厨房の中にはTVなどでも見慣れたご主人の姿がある。自らフロアも担当し、陣頭指揮をとっているようだ。

091221dka4

 「(特)醤油とりそば 950円」
 「大喜」らしい鶏のダシが効いた、でも決して鶏だけが突出していないスープはさすがだ。天神下の本店に比べると、わずかにトロミを感じた。これが高円寺流なのかもしれない。とっても上品な旨さを出しているのは同じ。左奥に載っているのはワンタン。プルプルで相変わらず旨い。

091221dka5

 そして細ストレート麺。この麺がまた旨いのですよ。しっかりコシがあるのだけどツルツル感を失わない麺なのですね。

 鶏チャーシューが絶品。柔らかくてホロリとほどける。これを麺と一緒に食べるのが・・・嗚呼、至福の時。わざわざ中野を通り過ぎてまで来てよかったと思わせるラーメンなのですよ。

 この手の年中無休・通し営業というラーメンコンプレックスで、営業時間中ずっと同じ味を維持していくことは、セントラルキッチン方式でもない限り、なかなか難しいことだろう。そんなことを差し引いても、さすがは「大喜」系。ともかくも文句なしの一杯なのでした。

 カウンターだけ24席の店内は明るく清潔感がある。唯一気になるのはイスとテーブルの間隔。後ろの動線を確保するためか、固定されたイスとの間隔が異常に狭く、食べにくいこと甚だしい。こんなの初めてだ。細めの人でも前かがみになりにくいのだ。極太ストレート加水率高めの私ならずとも(^^;、改善してほしいところではないだろうか。と言っても、固定されてしまってるから無理なんだろうなぁ。

 次の機会には一番「大喜」らしいと思われる「塩」か、天神下本店にはないという「みそとりそば」を食べてみたいと思っている。

◆高円寺とりそば大喜庵
 高円寺らーめん横丁
 杉並区高円寺南3-70-1 高円寺ストリート2番街B1
 11:00-23:00 (どの店も売り切れ終了) 無休

|

« 「高円寺らーめん横町」がオープン | トップページ | 【新店】つけめんTETSU 高円寺店 »

コメント

TB&コメントどうもです〜♪

いやぁ〜これまた良い施設が出来ましたね!
実は私、お店は違いますが昨日夜も訪問してしまいました〜f(^^;)

投稿: FILE | 2009.12.22 10:44

 ども、FILEさん。

 中野ではなく高円寺というところが奥ゆかしい。適度に距離があるのが私にとって、ラッキーかも。

 私も実は連日の・・・(^o^)v

投稿: BUSH | 2009.12.23 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【新店】高円寺とりそば大喜庵:

» 高円寺とりそば 大喜庵 [ラーメン一期一会]
訪問日:2009年12月24日(木) 12月20日オープンの「高円寺らーめん横丁」! この最新の東京のラーメンフードテーマパークには4店のラー... [続きを読む]

受信: 2009.12.29 14:29

« 「高円寺らーめん横町」がオープン | トップページ | 【新店】つけめんTETSU 高円寺店 »