« 信州伊那谷の秋 | トップページ | 「喜野ヤ@駒ヶ根」で新そばをたぐる »

2009.11.01

「ガロ@駒ヶ根」のソースかつ丼

 駒ヶ根の名物といえば、「木曽駒ヶ岳」に「ソースかつ丼」である。この「ソースかつ丼」は比較的最近有名になったものだけど、せっかくこの地に来たのなら、是非とも食べてみたい一品だ。

091101gar1

 というわけで、そのソースかつ丼で最も有名な店「食事・喫茶 ガロ」である。駒ヶ根ICから駒ヶ岳方向に向かってほんの数分の右側にある。
 11:00、開店の30分前だというのに既にざっと20人ほどの行列ができている。秋の行楽シーズンだ。まぁそれも仕方ない。素直に並ぶことにした。

 定刻のわずか前に開店。店内はなかなか広い。座席数は40ほどもあるだろうか。並んでいた多くの人が入れたようだ。

091101gar2 091101gar3_2

 こちらがこの店のメニュー。なるほど元は「軽食・喫茶」の店だったのだろうなぁというメニュー構成だ。
 たった一人でポケッと待つこと30分。行列と合わせてちょうど1時間でご提供~。

091101gar4

 「ソースかつ丼 1,260円」
 最初は、こんな風にフタを被って出てくる、のだけど全然役に立ってない。東京のカツ丼と違って、トンカツを煮て玉子でとじるタイプのものではなく、ご飯の上にキャベツを載せて、その上に特製のソースに潜らせたトンカツを載せるというもの。つまりトンカツ定食のどんぶりバージョンというわけだ。

091101gar5

 フタを取るとこんな感じ。結構なボリュームでしょう。この店の場合、トンカツは全てヒレ肉で、280g使っているそうだ。私的には、こういうドンブリにするのなら、ロースカツの方が好みなんだけど、この店はあくまでもヒレだけにこだわっているみたいだ。

 えーと、やや甘めのソースがかかったトンカツもご飯も美味しいです。でもでも、これならトンカツ定食で食べたかったぞ。って、それを言っちゃぁおしまいだよって?(^^;

 キャベツが盛られているので、見た目ほどの量はないけれど、男の子的にも満足のできるものでした。いわゆる地場の名物です。この地を訪ねることがあったら、。是非一度どうぞ。土日や観光シーズンは時間に余裕を持っていってくださいね。

◆食事・喫茶 ガロ
 長野県駒ヶ根市赤穂北割一区759-336
 11:30-14:00 17:30-20:30
 火曜、第1・第3水曜

|

« 信州伊那谷の秋 | トップページ | 「喜野ヤ@駒ヶ根」で新そばをたぐる »

コメント

今でも看板には軽食・喫茶とあるので、これでも軽食のうちなのでは(笑)

写真をみたら食べたくなりました

投稿: PROTO | 2009.11.04 22:40

 ども、PROTOさん。

 こちらもご紹介ありがとうございました。並んだ甲斐がありましたよ。

 今度機会があったら、ロースかつの店へ行ってみたいと思います。

投稿: BUSH | 2009.11.05 12:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/46650139

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガロ@駒ヶ根」のソースかつ丼:

« 信州伊那谷の秋 | トップページ | 「喜野ヤ@駒ヶ根」で新そばをたぐる »