« 「ガロ@駒ヶ根」のソースかつ丼 | トップページ | 「むろや@新宿御苑」限定蟹出汁ラーメン »

2009.11.02

「喜野ヤ@駒ヶ根」で新そばをたぐる

 「たぐる」なんていうと、まるで蕎麦通みたい? まぁ信州の奥深く?駒ヶ根までやって来たのだし、これもまた「せっかくだから攻撃」で新そばを食べてみたいではないか。
 事前に地元の知人に聞いてみたところ、駒ヶ根で美味しい蕎麦屋というと、真っ先にこの「喜野ヤ(きのや)」が出てくるそうだ。

091102kny1

 というわけで、ナビを頼りに店の前に着いてみると、おおっ「新そば」の貼紙がしてある。狙いどおりだ。

091102kny2 091102kny3

 こちらがこの店のメニュー。でも、注文すべきは最初から決まっている。

091102kny4

 「せいろそば(大盛り) 850円」
 田舎の蕎麦の盛りは、それなりの量があるよね。一部の高級?そば店みたいな2~3口で終わってしまうような量しかないと、どんなに旨くても満足感はないもの。

 先日常陸太田で食べた新そばと比べると、殆ど緑色はしていない。もちろん収穫のタイミングも、そこから粉に挽かれるまでの時間などもあるのだろうから、緑色イコール香りの高さや鮮度を現すものではないのだろう。

 でもですね、要するに旨かったから、文句ないのですよ。コシが強いと感じるのと硬いと感じるのとの、ちょうど中間ぐらい。絶妙な茹で加減、締め加減なんだろうなぁ。そして新蕎麦の香り高く・・・だから文句ないのですってば。

 下地はカツオと鯖節かな、それにミリンの風味がするやや甘めなもの。これも私好み。でもやはり半分くらいは「そば」だけで食べてしまったような・・・。

 大盛りにしたのだけれど、旨いうまいとペロリとを食べ終わってしまった。仕上げの蕎麦湯はドロリとした濃厚タイプ。これがまたいい。

 また、駒ヶ根に来る機会があったら・・・って、一体いつのことやら。でもまた食べに来たい蕎麦なのでした。

◆喜野や (きのや)
 長野県駒ヶ根市上穂栄町19-5
 11:00-14:00 17:00-19:30
 月曜及び日曜夜休 創業昭和55年

|

« 「ガロ@駒ヶ根」のソースかつ丼 | トップページ | 「むろや@新宿御苑」限定蟹出汁ラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/46650156

この記事へのトラックバック一覧です: 「喜野ヤ@駒ヶ根」で新そばをたぐる:

« 「ガロ@駒ヶ根」のソースかつ丼 | トップページ | 「むろや@新宿御苑」限定蟹出汁ラーメン »