« 「パニパニ@中野」で特製焼きうどん | トップページ | 「喜紳@中野駅前」で和風つけ麺 »

2009.09.29

お土産ラーメン 「中華そば一久@山口県」

 このシルバーウィークに山口県に帰省していた友人から、こんなお土産ラーメンを貰った。山口は宇部市岬を中心に9店舗ほどを展開していて、地元では知らぬ人がいないというほど有名な「中華そば一久」の生麺セットだ。

090929_1q_01

 山口県は関門海峡を挟んで北九州地区とお隣りなわけで、ラーメンも九州系ラーメンの影響を強く受けているのだそうだ。

 袋を開けてみると、中には極細麺とスープ、チャーシューとメンマが入っていて、もうそのままでラーメンとして成立してしまう。
 スープはストレート(割らずにそのまま使う)タイプなので、ビニールパックのまんま、熱湯で温めてと。

 麺の茹で時間は説明では1分となっているけど、食べているうちにヤワクなることも考えて45秒。

090929_1q_02

 「お土産ラーメン 一久 @420円」
 温めたスープをラーメン丼にあけ、続いてカタメに茹でた麺。そして付属のチャーシューとメンマをトッピング。それだけだと寂しいので、水っぽくなってしまわない程度のモヤシとキザミねぎを載せて・・・完成。

 話しには聞いていたけど、かなり強いニオイがする。この豚骨を煮出した時特有のニオイが苦手な人はダメだろうなぁと思った。でも私は大丈夫なんですねぇ。この手のニオイが苦手だと、博多や北九州の地元民ご用達の店では食べられませんて。
 この画ではスープは茶濁しているように見えるけど、実際はもう少し白くトロミのある豚骨白湯スープだ。

090929_1q_03

 麺は博多系と同じく低加水の極細ストレート麺。この濃いスープは麺に自然に絡みつきますな。
 チャーシューとメンマは、ちょっとベタッとした感じだったけど、それは仕方ないか。

 なかなか美味しいご当地ラーメンのセットなのでした。どうもありがとう>Eさん、Mさん。また機会があったら、宜しくどうぞ(^^ゞ

◆株式会社 一久食品 (いっきゅうしょくひん)
 http://www.ikkyuu.com/omiyage.htm
 山口県宇部市岬町三丁目10-30
 TEL 0836-32-1915 FAX 0836-32-7774

|

« 「パニパニ@中野」で特製焼きうどん | トップページ | 「喜紳@中野駅前」で和風つけ麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/46350071

この記事へのトラックバック一覧です: お土産ラーメン 「中華そば一久@山口県」:

« 「パニパニ@中野」で特製焼きうどん | トップページ | 「喜紳@中野駅前」で和風つけ麺 »