« 「すーぷ屋 颯(Ryu)」にあの味が復活 | トップページ | 「藤丸@中野」のつけ麺2 »

2009.07.08

「がんこ西早稲田」塩こってり 一作目

 東西線早稲田駅の西口を出て、馬場下からさらに西へダラダラと坂を上って10分ほど。左手に一風堂がある信号が目印だ。その角を右に曲がると、良かった、いつもの「牛骨」が下がっている。そして入り口脇には今日のメニューを示す紙が置かれている。
 今日は「がんこ西早稲田」のスペシャルである。

090708nwd1 090708nwd2


 14時過ぎという時間、入ってみると先客はなし。O店主が一人新聞を読みふけっていた。今日のスペシャルをコールして着席。しばらく待ったのちにカウンターにラーメンが置かれ、大量のキザミねぎの上に熱した香味油がジュッ。西早稲田恒例の儀式だ。

090708nwd3

 「塩こってりラーメン(一作目)大盛+味玉 1,000円」
 大量の具に隠れてしまって見えないけれど、コッテリの素、背油コラーゲンが沢山投入されている。このコラーゲンの甘みが「がんこ」らしいショッパさに出会うと、いやはや何はともあれ旨い。

090708nwd4 090708nwd5

 麺はいつもの細ストレート麺で、このコラーゲンとショッパ旨いスープがよく絡むわけで・・・ウマァ。
 2枚載ったチャーシューの右側は分厚く切られた、いわゆる切り落としの部分で、醤油味が強く、これを崩して浸すとスープがさらにショッパくなる。でも、これはこれでまた旨いんです。

 他の具は、自分であとから入れた揚げねぎのほか、海苔、メンマにキザミねぎがたっぷり。もちろん味玉は半熟トローリ。

 いやはや、ほんとに西早稲田の「塩こってり」は旨い。無理してでも食べにきて良かった。もちろん完食の全汁で、「ごちそうさまぁ(^o^)v」と挨拶して店を後にしたのでした。

◆元祖一条流がんこ 西早稲田店
 新宿区西早稲田3-15-7 最寄駅:西早稲田、高田馬場
 12:00-19:00 土日祝休(祝は営業することもあり)

|

« 「すーぷ屋 颯(Ryu)」にあの味が復活 | トップページ | 「藤丸@中野」のつけ麺2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/45578734

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ西早稲田」塩こってり 一作目:

« 「すーぷ屋 颯(Ryu)」にあの味が復活 | トップページ | 「藤丸@中野」のつけ麺2 »