« はとバスで行く「初夏の尾瀬」前編 | トップページ | はとバスで行く「初夏の尾瀬」番外編 »

2009.06.06

はとバスで行く「初夏の尾瀬」後編

 その後バスは順調に走っていたのだけど、ちょっとしたハプニングがあって、こんなところで小休止。

090606oze201

 わずかに時間的ロスがあったものの、なんとかマイクロバスに乗り換えて「鳩待峠」へ。ここが尾瀬の入り口として最も一般的なところだそうだ。

090606oze202 090606oze203

 バスツアーは一旦ここで解散し、ここから尾瀬ヶ原までのハイキングのために往復約4時間の自由時間が取られている。
 峠は曇り空というか霧雨。貰ったお弁当は荷物になるからと、ここで食べていくことにした。12:30 レインウエアを着て、いざ出発。

090606oze204 090606oze205

 ここから湿原で有名な尾瀬ヶ原までは、ずっと下りだそうだ。最初の500mほどは割りと急な山道。雨でぬかるんで滑りやすい。トレッキングシューズを履いてきて良かった。そう思ったけど、そこから先は木道が整備されていて歩きやすい。晴れた日なら普通の運動靴でも充分みたいだ。

090606oze206 090606oze207

 小1時間も歩くと「尾瀬ヶ原」湿原の入り口「山ノ鼻」に着いた。

090606oze208 090606oze209

 ひと休みする間も惜しんで「尾瀬ヶ原」へと歩みだす。それにしても凄い人出だ。水芭蕉の最盛期ということもあるのだろう。この「鳩待峠」から「山ノ鼻」を経由して「尾瀬ヶ原」へという「尾瀬銀座」は人が途切れることがなく、右側通行の木道はゆっくり立ち止まって写真を撮ることもできない。

090606oze210 090606oze211

 木道脇の水芭蕉。ここに載せたものは、歩きながら微妙に動きを止めて撮ったものか、わずかな間隙を縫って慌てて撮ったものが殆どだ。だからブレていたりピントが合っていなかったり、構図も何もない。

090606oze212

 道中はずっと霧雨か小雨で、時折り強い雨が降ってくるという状況。そのせいもあって、せっかく持っていった一眼デジと計3本のレンズも使う機会が無く、ただただオモリを担いで歩いただけになってしまった。結局使ったのは GX200だけ。うーん損した。

090606oze213

 晴れていたら本来見えていたはずの名峰「至仏山」も大半が雲の中。青い空と緑の湿原、残雪の至仏山。そんな風景を撮りたかったのだけど・・・まぁこの天気じゃ仕方ない。

090606oze214 090606oze215

 尾瀬ヶ原を30分ほど歩いたところで、帰り道の混雑を考えて引き返すことにした。ずっと登りだから時間がかかることだろう。「山ノ鼻」で小休止しつつ、雲が動くのを待ったけどダメだった。せめて「至仏山」の全容くらいは見たかったなぁ。

090606oze217_2 090606oze218

 「鳩待峠」に戻ってバスを待つ間、炭火焼の岩魚でビールを一杯。旨いねぇ、至福のひと時ですな。取り敢えずこれで今日ここへ来て良かったという気持ちになれた(^^;

 16:30「鳩待峠」を後にして、マイクロバスで「尾瀬高原ホテル」へ。再び東都観光のバスに乗り換えて帰路に着いた。

090606oze219 090606oze220

 帰りの関越自動車道はずっと順調・・・だったのだけど、最後の練馬出口で事故渋滞。ピタリと止まってしまったので、外環から中央環状線を通って新宿西口着。時間はピッタシ予定通りの 20:30だった。もちろんバスの中ではビールをプシッ。後は寝ていれば着いてしまう。やっぱり「はとバス」の旅は楽チンでいい。

 尾瀬は天気のいいときにかな。でも、この時期の「尾瀬銀座」は、天気が良くても悪くてもゆっくりはできなさそう。なんと言っても人が多すぎて立ち止まることさえままならない。水芭蕉は見ることができなくても、夏の比較的人が集中しない時期を狙ったほうがよさそうだ。

◆はとバス
 http://www.hatobus.co.jp/
 「日帰りで楽しむ自然の宝庫“尾瀬”」

|

« はとバスで行く「初夏の尾瀬」前編 | トップページ | はとバスで行く「初夏の尾瀬」番外編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/45282955

この記事へのトラックバック一覧です: はとバスで行く「初夏の尾瀬」後編:

« はとバスで行く「初夏の尾瀬」前編 | トップページ | はとバスで行く「初夏の尾瀬」番外編 »