« 中野楽写 「哲学堂」 | トップページ | 新店「ぶぅ@中野」のぶぅらーめん »

2009.06.01

新店「麺神 舞来(まいき)@沼袋」のらーめん

 先週初めて行ってみて気に入ったので再訪。沼袋駅北口改札を出てすぐ右。沖縄料理の店「美ら家」の角を左に曲がると右側にあるのが現在仮オープン中の「麺神 舞来(まいき)」である。

090601mik1_2

 店内にはご主人とフロア担当の男性の二人。先週見たきれいな奥さんと可愛いらしいお嬢さんはいなかった。ちょっと残念(^^ゞ

090601mik2

 「らーめん 640円」
 また仮オープン中サービスの味玉を付けてくれた。見た目でもトロミを感じるスープが、まずは期待を感じさせる。実際飲んでみると、トロミというよりもまろやかさを感じさせる豚骨スープで、魚介の風味も強過ぎず後から付いて来る感じ。味は薄めなのに旨味はしっかりあるのがいいところ。

090601mik3

 これに合わせる麺は、つけ麺と違って加水率やや高めの極細ストレート麺。このツルツル感と、極細なのにしっかりした食感はいい。自家製法製麺と書いてあるから純粋な自家製ではなく、この店のレシピに沿って製麺所が作っているのだろうけど、つけ麺といい、このらーめんといい。美味しい麺を使っている。もちろん、極細麺にスープがよく絡んでくれる。

 具は、つけ麺と同じ長方形で大きめのチャーシューが1枚(このチャーシューがまた旨い)と、きざみネギにメンマ、海苔、サービスの味玉。そしてつけ麺にはなかった挽肉炒めが入っていて、それぞれちゃんと役割を心得ている。高いレベルでバランス良くまとまったラーメンだと思う。

 あと例の「カリッとした食感の何か」も、つけ麺同様に入っていた。スープ作りの上で大事な、欠かせない役割を果たしているらしいのだけど、一体こいつの正体は何だろう? 気になる。

 つけ麺で感じたのと同じように、美味しいラーメンだった。ご主人、ラーメン専門は初めて、みたいな言い回しだったけど、料理については相当なウデをお持ちのような気がする。どこかで、お会いしているような気もするし。

 グランドオープンは6月3日(水)の予定。つけ麺はせめて中盛りまでは同じお値段にして欲しいもの(できれは大盛りも)だけど、果たしてどうなるか。いずれにしてもまた行ってみよう。

◆麺神 舞来(まいき) 仮オープン中
 中野区沼袋1-39-3 最寄駅:沼袋
 11:30-14:00 16:30-不明 不定休らしい
 6/3 Wed. グランドオープン予定

|

« 中野楽写 「哲学堂」 | トップページ | 新店「ぶぅ@中野」のぶぅらーめん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/45206669

この記事へのトラックバック一覧です: 新店「麺神 舞来(まいき)@沼袋」のらーめん:

« 中野楽写 「哲学堂」 | トップページ | 新店「ぶぅ@中野」のぶぅらーめん »