« 「ぶぅ@中野」の豚濁醤油らーめん | トップページ | 「がんこ西早稲田」塩こってり(ごま風味) »

2009.06.09

もつ焼き 石松@中野新道

 例によって「パニパニ」で飲んだ後、お向かいの「もつやき石松」を覗いてみると、おやま空いている。先週は3日ほどお店を休んだマスターだけど、右目の上にバンソーコーを貼っている以外は元気そうだ。

 先客は4人。TVの前に座ると例によってキンミヤのボトルが目の前に置かれる。しばらくしてお通しのミミガー。

090609ism1

 ボトルはもう殆ど残っていない。「キンミヤ1本お願い。それと今、何を出せる(焼ける)?」と聞くと、「何でもいいよ」との返事。それではと例によって、レバサシのハーフからスタート。

090609ism2

 網目がしっかり見えて、エッジも立っている。いつものことだけど、もうこの見た目だけでソソられる。実際美味しそうでしょう。

090609ism3

 そして、レバーの良く焼き。

090609ism4 090609ism5

 ハツモトとハツ。

090609ism6 090609ism7

 白とテッポウ。

 キンミヤはホッピーで割って飲むことが多いのだけど、大体4杯程度飲んだところでホッピーが1本カラになるペース。今日はこの1本がちょうどなくなったところで、お勘定。ボトルを1本入れたにもかかわらず、2,500円だったかな、相変わらず安いよね。

 旧「春」時代から1年ほど前までは毎日のように通っていた「石松」だけど、事情により、「石松」するのを月1回程度に抑えている。その間に随分客層も変わった。若い人たちが多くなったし、知らない顔のお客さんが増えた。それはそうだろう。

 この味がいつでも食べられると思うからこそ、目の前で飲んでいても行かずにいられる。マスター、元気で続けてくださいね。

◆もつやき 石松(いしまつ) 旧「もつ焼き春」
 中野区中野5-50-8  最寄駅:中野
 本来の営業時間 19:00~未明または早朝まで。木曜休
 日祝は休み多し。営業時間もあまりアテにはなりません。

|

« 「ぶぅ@中野」の豚濁醤油らーめん | トップページ | 「がんこ西早稲田」塩こってり(ごま風味) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/45312743

この記事へのトラックバック一覧です: もつ焼き 石松@中野新道:

« 「ぶぅ@中野」の豚濁醤油らーめん | トップページ | 「がんこ西早稲田」塩こってり(ごま風味) »