« はとバスで行く「初夏の尾瀬」番外編 | トップページ | 「ぶぅ@中野」の豚濁醤油らーめん »

2009.06.07

「麺神 舞来(まいき)@沼袋」正式オープン

 仮オープン中に二度食べにいって気に入った「麺神 舞来(まいき)@沼袋」が、この 6/3(水)にグランドオープンした。今日になってようやく再訪。

090607mik1

 店の前には開店記念の生花がまだ並べられており、いかにも新店という雰囲気を出している。
 改めて場所を書いておくと、沼袋駅北口改札を出てすぐ右。沖縄料理の店「美ら家」の角を左に曲がるとすぐ右側。目立ちはしないけど、徒歩1分とかからない便利な場所だ。

 ちょうどお昼時ということもあって、店内はほぼ満席。滑り出しとしてはなかなかよさそうだ。厨房にはご主人と男性助手が一人。そして今日は初めて行った時にもいたフロア担当の可愛いらしいお嬢さんがいた。

090607mik7 090607mik6

 メニューを見ると、仮オープンのときと若干違う価格設定になっている。らーめんの 640円は同じでいいとして、つけ麺はUP。「麺彩房」のあのつけ麺が大盛(400g)で 750円だから、こちらの中盛(300g)は 760円で大丈夫だろうかと思ってしまう。やっぱり、せめて中盛までは並と同じ値段にしてほしかったなぁ。

090607mik2

 「らーめん 640円」
 仮オープン中に貰ったトッピングサービス券で海苔をお願いした。スープも麺も仮オープン中と印象は変わらず美味しい。まろやかな豚骨魚介のスープは、7種の魚介出汁と15年かけて仕上げた特製カエシの醤油ダレを使っているのだそうだ。


美味しいラーメンだ。仮オープンの時点でもうしっかりと仕上がっていたのがよくわかる。

090607mik3

 加水率やや高めに感じた極細ストレート麺は、長時間熟成させたものだそう。ツルツル感とスープの持ち上げがいい。
 例の「カリッとした食感のもの」も健在だ。メニューの裏面にあった能書きにも「カリッとした食感のもの」という表現が使われている。やはりこのラーメンを形作る上で重要な役割を果たしているらしい。

 トッピングは、大きめのバラ肉チャーシューが1枚に、きざみネギにメンマ、海苔、挽肉炒め。

 水準の高いとても美味しいラーメンだと思う。沼袋駅至近で美味しいラーメン屋さんをという場合には、まずここだろう。もちろん「呑んだ後」は別だけどね(^o^)v

 お近くの人は是非どうぞとお奨めしておきます。小上がりもあるのでお子さん連れもどうぞ。

◆麺神 舞来(まいき) 6/3オープン
 中野区沼袋1-39-3 最寄駅:沼袋
 11:30-14:00 16:30-不明 不定休らしい

|

« はとバスで行く「初夏の尾瀬」番外編 | トップページ | 「ぶぅ@中野」の豚濁醤油らーめん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/45299562

この記事へのトラックバック一覧です: 「麺神 舞来(まいき)@沼袋」正式オープン:

« はとバスで行く「初夏の尾瀬」番外編 | トップページ | 「ぶぅ@中野」の豚濁醤油らーめん »