« 09哲学堂の梅と新緑 | トップページ | 秋葉原でお買い物 SDHC 8GB »

2009.05.04

「用心棒@神保町」の豚ラーメン

 3/21に「二郎@神保町」の真ん前にオープンした二郎インスパイヤー系の「用心棒」である。
 初めて行って大変気に入ったのが、もう一ヶ月ほども前。また食べに行きたいと思いつつも神保町と言えば、私にとっては「覆麺」次いで「二郎」の街だ。でも今日はGWの真っ只中、その「覆麺」も「二郎」もお休み。都内の二郎系、がんこ系ともに軒並み休みだろう。

090504yjb1 090504yjb2

 というわけで、店の前に着いたのが 11:10頃。ニンニクが吊されているのが営業中の合図だ。券売機で「豚ラーメン」を買って着席。先客は一人。今日の呪文は「ゼンマシ、カラダマ」。で、出てきたのがこれ。

090504yjb3

 「豚ラーメン 830円」
 もう見るからにジャンクでしょう? 一番上に見えるのが「辛玉(カラダマ)」。一味唐辛子は自分でかけたものね。
 二郎で言うところの「小豚」にあたるわけだけど、通常だとかなり分厚いチャーシューが一枚というか、一塊(ひとかたまり)のところ、これにはそのカタマリが3つも載っている。ヤサイの盛りの良さと相まって久々に見た「エサ」のレベルのような気がする(^^;

 こんなのを出されてニンマリ笑うヤツの気が知れないよ、って私や一部のジロリアンの皆さんのことですが(^^ゞ

 これをこぼさずに食べるのは難しい。ヤサイをまき散らしながらも、なんとか「辛玉」をアチコチに沈め、ようやく麺とスープにたどり着く。スープをすすると、うーん、いいなぁ、この甘辛い豚骨醤油味。「辛玉」が実に良く合う。あ「辛玉」と言っても、カラいのが苦手な私が食べられるのだから、それほど辛いわけではありません。

090504yjb5 090504yjb6

 そして硬めに茹でられたきっちり歯応えのある極太麺、これも二郎系っぽくていい。って、この麺はひょっとして浅草開花楼なのかな? そう感じさせる旨い麺だ。

 豚(チャーシュー)はこんな感じ。見た目よりデカいしボリュームがある。喰らいつくという表現がピッタシかな。適度に歯ごたえがあって塩加減も良し。なかなか旨い。

 というわけで、腹一杯の幸せ一杯。神保町ですぐそばに「二郎」と「覆麺」という立地は大変なことかもしれないげと、残って欲しいお店だ。また機会を見つけて食べに来るとしよう。

 二郎系がお好きな人は、一度是非どうぞとお薦めしておきます。

◆用心棒
 千代田区神保町2ー2ー21
 11:00-21:00 (売切終了) 日曜休予定

|

« 09哲学堂の梅と新緑 | トップページ | 秋葉原でお買い物 SDHC 8GB »

コメント

こんにちわ。
これはすごいですね!
このお店、できたときなにかと話題になってましたが、やっぱり一度食べてみたくなりました。

投稿: next | 2009.05.06 11:09

 こんにちは、nextさん。
 コメントありがとうございます。

 このお店、立地やスタイルから、揶揄されることもあるようですが、インスパイヤー系の中でも、ジャンキーでなかなか旨い方だと思っています。

 是非一度行ってみてくださいまし。

投稿: BUSH | 2009.05.06 13:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/44914969

この記事へのトラックバック一覧です: 「用心棒@神保町」の豚ラーメン:

« 09哲学堂の梅と新緑 | トップページ | 秋葉原でお買い物 SDHC 8GB »