« お座敷列車「宴」を見つけた | トップページ | 「がんこ西早稲田」えび油塩ラーメン »

2009.04.07

鰻蒲焼 味治(みはる)@中野

 ウナギの串焼きで有名な「川二郎」のセカンドブランド。そんな言い方でもいいだろうか。「鰻蒲焼 味治(みはる)」である。

 「川二郎」のご主人であった親父さんがその店を甥御さんに任せ、本人は改めて昭和新道通りの南端に店を構えたのが昨年末のこと。川二郎は夜だけの店だったのけど、こちら「味治」は昼の部もあるというのが嬉しい。

090407mhr1

 いつもどおり「青葉」の角を曲がって、昭和新道通りへ。「味治」はと覗いてみると、割りと空いている。久しぶりにあの「うなぎ」が食べたい。せっかくだから寄っていくことにした。まずは「川二郎」時代と同じくビールでスタート。

090407mhr3

 こちらが「味治」の「ひと通り」だ。左から「えり焼き」「きも焼き」「八幡焼き」「短冊」。川二郎時代ほどの種類はない。親父さんが用意できる分だけということらしい。「八幡巻」も「巻」から普通の串刺しになっている。
 そうして次に頼んだのが、これ。

090407mhr4

 「白焼き 1,200円」
 これがまた旨い。よく脂が載っていて柔らかい。専用のタレとワサビで食べるのだけど、口の中でトロけてしまうのだ。

 これらをつつきながら、キンミヤ焼酎を1杯2杯。いいですねぇ。おやじさんの笑顔も、この店の味のひとつだろう。

 ただ一つだけ問題が・・・串焼き系のお値段が川二郎のほぼ倍なんだよなぁ。うーむ、確かに店構えも川二郎より高級だしぃ。ビール1本とキンミヤ2杯、ひと通りに白焼き。これで3千円超というのはお父さんのサイフにはちと痛いかなと(^^ゞ
 まぁ、あのウナギが川二郎の値段で食べられる方が、不思議なのかもしれないけどね。
 てなことはおいといて、また来よう。もちろん昼の部にもね。

◇その後の関連記事
 2009.04.18 「うなぎ 味治@中野」のうな重
 2009.04.11 「鰻蒲焼 味治(みはる)@中野」昼の部

◆味治 (みはる)
 中野区中野5-57-10 最寄駅:中野
 12:00-14:00 17:00-21:00 日曜休

|

« お座敷列車「宴」を見つけた | トップページ | 「がんこ西早稲田」えび油塩ラーメン »

コメント

なかなか良いお店でした。
今度は、うな重を頼もうかなと思います。
川二郎は、いつも混んでいて門前払いです(涙)。

投稿: 東京ブウブウKING | 2012.04.15 04:28

 ども、東京ブウブウKING さん。
 コメントありがとうございます。何らか少しでも参考にでもなったのなら、何よりです。

 良いお店ですよね。私も定期的に行きたい店なんですが、何故かここのところ行ってないなぁ。川二郎の方も同じ。
 久しぶりに行ってみようと思いました。

投稿: BUSH | 2012.04.15 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/44642782

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻蒲焼 味治(みはる)@中野:

« お座敷列車「宴」を見つけた | トップページ | 「がんこ西早稲田」えび油塩ラーメン »