« 「パニパニ@中野」でタンメン?! | トップページ | 「覆麺@神保町」黒帯と段位? »

2009.04.11

「鰻蒲焼 味治(みはる)@中野」昼の部

 先週、満開を迎えていた千鳥ケ淵の桜をもう一度見に行ってみよう、というのはあくまでも建前で、本当のところは「覆麺」に行きたい。ついでに千鳥ケ淵もというのがワタクシ的狙い。

090411mhr1_2

 お昼少し前という時間、中野駅に行くために、いつもどおり昭和新道を南に向かって歩いていると、「鰻蒲焼 味治(みはる)」が営業していることに気づいてしまった。先日夜の部に行ったばかりだけど、「そっか土曜日もやってたんだっけ。ちょうどお昼時だし、うな丼の昼飯なんてのもいいなぁ」と右向け右。

090411mhr2

 カウンターに座ると、うな丼だけのつもりでいたのが、せっかく「味治」に来たのだからと「ビール下さい」。そしてうな丼をと思いつつ、お隣さんをと見ると、おやま串焼きを食べてる。昼の部でも串焼きはありなんだぁ。

090411mhr3

 というわけで、親父さんに「ひと通りお願いします」。親父さんニコニコしながら「ハイヨ」。左から「八幡巻(焼き)」「短冊」「きも焼き」「えり焼き」ね。
 山椒を多めにかけるのが私流。するとビールが進んで物足りなくなってくる。「キンミヤ下さい!」 嗚呼、言ってしまった。気持ちよくキンミヤを飲み始めると今度は、串焼きがなくなってきた。

090411mhr4

 「お新香下さい」・・・あれま、夜の部とおんなじじゃないの。
 結局キンミヤをもう一杯頂いて、かなり気持ちよくなったところで、当初予定どおり「うな丼下さい」。

090411mhr5

 「うな丼 1,000円」
 いやはや旨い。先日、白焼きを食べた段階でも充分に期待できた蒲焼の旨いこと。

090411mhr7_2

 脂が載っているのはもちろん、この身の厚さと適度な柔らかさ。そしてタレとの相性。さすが親父さん、いい仕事してます。この値段で、このうな丼。文句なしの昼飯なのでした。

 今度は、もうちっと奮発して「うな重」を食べてみよう。

◇関連記事
 2009.04.18 「うなぎ 味治@中野」のうな重
 2009.04.07 鰻蒲焼 味治(みはる)@中野

◆味治 (みはる)
 中野区中野5-57-10 最寄駅:中野
 12:00-14:00 17:00-21:00 日曜休

|

« 「パニパニ@中野」でタンメン?! | トップページ | 「覆麺@神保町」黒帯と段位? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/44673761

この記事へのトラックバック一覧です: 「鰻蒲焼 味治(みはる)@中野」昼の部:

« 「パニパニ@中野」でタンメン?! | トップページ | 「覆麺@神保町」黒帯と段位? »