« 「麺屋 Zero1 中野南口店」のつけ麺 | トップページ | 「がんこ西早稲田」牛テールスープの塩 »

2009.04.13

久しぶりの直系「二郎@小岩」

 最後に直系二郎したのはいつだろうと過去ログを調べてみると、昨年10月の川崎二郎だった。なんと半年ぶりになる。この「小岩二郎」に来たのは 2007/2が最後だ。

 18時をわずかに廻って夜の部開店直後という時間。幸い行列は5人だけだ。というか、開店前に行列していた人たちが全員ちょうど店内に入ったタイミングか。店内からは二郎らしい匂いが流れてきて、もう堪りません。

090413koij

 「小ブタ 700円」
 カタメをお願いしようかどうか迷ったけど、久しぶりの小岩二郎、デフォルトで行くことにした。麺が茹で上がると助手君から身振りで「ニンニク入れますか?」のサイン。「ゼンブマシデ」と答えて出てきたのがこれ。一味唐辛子は自分でかけたものね。

 いやぁ、二郎らしい見た目が嬉しい。手前にドカッと盛られたニンニクと殆ど隠れているけど、分厚く切られたブタ。ヤサイはこれで普通の「マシ」だから、やっぱり小岩は多い方だと思う。

090413kj02 090413kj03

 ゼンマシにしたことでタレも濃くなっている。更にカネシの効いたスープが小岩二郎らしい。まさに「濃いわぁ」。麺の茹で加減もこれでちょっうどいい。2年ぶりだけど相変わらず旨いねぇ。ブタは、割りと脂身が少なくてグッド。ある程度食べ進んだところで天地返し。やっぱり二郎はこうでなくっちゃね。

 味的にもボリューム的にも「二郎を喰ったぁ」と納得できる大満足の小岩二郎なのでした。

◇4/19(日) 直系「二郎 千住大橋店」 11:00オープン予定

◆ラーメン二郎 小岩店
 江戸川区西小岩3-31-13 最寄駅:小岩
 11:00-14:00 18:00-21:30 土11:00-15:30 日祝休

|

« 「麺屋 Zero1 中野南口店」のつけ麺 | トップページ | 「がんこ西早稲田」牛テールスープの塩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/44695463

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの直系「二郎@小岩」:

« 「麺屋 Zero1 中野南口店」のつけ麺 | トップページ | 「がんこ西早稲田」牛テールスープの塩 »