« 焼鳥和房 えん福@中野 | トップページ | 「がんこ@池袋」獅子茸と鹿の腱の悪魔 »

2009.04.25

「覆面@神保町」4月のデスマッチ

 毎月第4土曜日は「覆麺@神保町」のスペシャルの日。先日食べに来たときに店内に貼ってあった告知によると今日は豆乳を使ったラーメンのようだ。これまでホワイトラーメンと称して牛乳を使ったものは何度も食べているけれど、豆乳は初めてだ。告知文にも「業界初」と書いてある。鍋物に豆乳が合うのは既に知られているところ。スープのとがった部分をマイルドにしてくれるのですねぇ。これをミスターブラックがラーメンでやるとどうなるんだろう。楽しみだ。
 というわけで、友人Sと一緒にクルマでGO!

090425fkm1 090425fkm2

 今日の寸胴の様子。白濁して見えるスープの表面を覆っているのは豆乳の湯葉であって、もちろんアクなどではない。いつものとおりモミジやリンゴ、煮干し、昆布、長ネギなどが見える。

090425fkm3

 「豆乳スープの醤油ラーメン 1,000円」
 「今日は(タレを)何段で行くあるか?」と黒覆面氏にいきなり聞かれた。豆乳スープを味わいたいので、できれば普通またはそのちょっと上程度で食べたい。そう思って「お任せします」と言ったら、すんごくショッパかった。先日食べたときと同様、五段程度にされてしまったのだろうか。もっと白濁したスープかと思ってたのだけど、かなり茶濁してたのはタレ大増量のせいか。これじゃ豆乳本来のマイルドさがわからないではないか・・・などと思いつつ「エエイ、ままよ」とばかり。「タレ、もう少し足して」と言ってしまった。あぁ、なんてショッパいこと。わしゃ、Mか!?

 トッピングには、いつものバラ肉ロールのチャーシューに揚げ玉葱、モヤシ、メンマ。そして生卵がサービスで付くのは「有段者」のみなのかな? いやぁこの生卵と、いつもだと多いと感じるモヤシも、今日はこのショッパさからの格好の逃げ場になってくれた。細ストレート麺に生卵を絡めて食べると、そのショッパさとあいまって、これがなかなか旨い。でも、やっぱりせっかくの豚骨醤油に豆乳という、本来マイルドであるべき部分をスポイルしてしまったような気がする。スペシャルはやはりノーマルで食べた方がよさそうだ。タレは後からでも足して貰えるのだから。

 一味唐辛子を多めに足した。ショッパ過ぎるけどウマイ。ウマイけど辛い。でもとにかくショッパ旨い、などと思いつつも、結局完食の全汁。今日はコメカミではなく、後頭部にキテる感じだ。プッツンしたらどうしよう(^^;

 この後ずっと喉が渇いてしょうがなかったことも、いつもどおりなのでした。

 なお、GWの 5/2と 5/3にもスペシャルをやってくれるそうだ。今年もキャンプには行けそうにないので、これを楽しみにしていよう。

◆覆麺(ふくめん)
 千代田区神田神保町2-2 のあたり 最寄駅:神保町
 11:00-22:00 土日祝は 18:00頃まで 不定休(無休らしい)

|

« 焼鳥和房 えん福@中野 | トップページ | 「がんこ@池袋」獅子茸と鹿の腱の悪魔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「覆面@神保町」4月のデスマッチ:

« 焼鳥和房 えん福@中野 | トップページ | 「がんこ@池袋」獅子茸と鹿の腱の悪魔 »