« 09哲学堂の桜はまだ | トップページ | 09新井薬師の桜 »

2009.03.29

新店「麺屋 Zero1 中野南口店」

 昨日、中野駅南口に新しいラーメン屋さんがオープンした。「二郎インスパイヤー系」らしい。どうやら「ラーメン花月」などを展開する資本系だという。あまり期待はできないかな?と思いつつも麺が浅草開花楼製だというので、何はともあれ行ってみることにした。

090329_01 場所は旧丸井本店の斜め前というかリンガーハットの少し南。お昼過ぎに行ってみると 5人ほどの行列が出来ている。幸いあまり待たされずに店内へ。

 この店は節系とガッツリ系の二系統があるようだ。二郎インスパイヤなのはガッツリ系らしい。というわけで券売機で「ガッツリ」を買って着席。
 すんなり入れたのは良かったけど、ここからが長かったなぁ。開店したばかりでオペレーションが悪いみたい。20分待ちで出てきたのがこれ。

090329_01_1

 「ガッツリらーめん 680円」
 見た目はまさに次郎系。違うのはヤサイのキャベツの割合が多いことと、ブタ(チャーシュー)が量的にも見た目的にも上品なこと。待っている時に「ヤサイマシなんかは頼めるの?」と聞いてみたけど、ダメみたい。食券を渡すときフロア担当のお姉さんに「ニンニク入れますか?」と聞かれたので期待したのだけど、本当にニンニクを入れるかどうかだけの質問だったみたい(^^; 厨房内の店長風の人が言うのには、元々増しになっているのですと。

 スープをひと口すすると、うっ、ちょっと弱い。二郎インスパイヤにしてはガツン度に欠ける。妙に甘くて薄味のフード系みたいな感じなのだ。

090329_01_3

 気を取り直して天地返し。麺もちょっと弱いというか、ニブい感じ。浅草開花楼製の麺にしては弾力がないし、麺自体の旨みにも欠けるような気がする。
 茹で加減だけの問題なのだろうか。見た目はそうでも、ほんとに開花楼製?みたいな。

 麺もスープも、なんかもの足りないなぁと思っていたら、目の前に専用のタレが置かれていた。それではとこれを少し廻しかけてみると、おお、ずいぶん良くなった。更に少し足してやると、ようやく二郎っぽくなった。なんだ、最初からそうすればよかった。

 あとは麺だけだなぁ。このまま放置するわけにもいかないので、気になったメニュー「ガッツリ汁なし麺(油そば)」で、もう一度麺を試してみねばなるまい(^^ゞ

 近いうちにまた行ってみよう。なんにせよ、近くに「二郎」っぽいラーメンを食べさせる店が出来たのは嬉しいことだもの。

◆麺屋ZERO1 中野南口店
 http://www.zeroichi.jp/
 中野区中野2-29-4 最寄駅:中野駅
 11:00-26:00 無休らしい

|

« 09哲学堂の桜はまだ | トップページ | 09新井薬師の桜 »

コメント

今日お店の前を通りました!専用のタレで二郎っぽくなるんですね。行くのが楽しみです

投稿: shannon | 2009.04.09 22:40

 ども、shannonさん。

 はい、少し多めに掛け回してみてください。きっとソレっぽくなてくれると思います。武士(節)系は、好きずきでしょうが、魚粉ギョフンしすぎていて、私には・・・という感じでした。

投稿: BUSH | 2009.04.11 10:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/44518330

この記事へのトラックバック一覧です: 新店「麺屋 Zero1 中野南口店」:

» 麺屋 Zero1 中野南口店がオープン [なかのひと(中野人|中の人)]
拝見しているぶうログのーとさまの新店「麺屋 Zero1 中野南口店」で、新しいラ... [続きを読む]

受信: 2009.04.09 22:50

« 09哲学堂の桜はまだ | トップページ | 09新井薬師の桜 »