« もうじき開店「牛の四文屋」@中野北口 | トップページ | 路傍の花 »

2009.03.18

「牛の四文屋@中野北口」本日開店

 昨日、「もうじき(今月下旬)開店」と伝えたばかりなのに、今日前を通ってみると、開店していた。派手な花輪があるわけでもなんでもなく、普通にオープンしていた。
 あの「四文屋」の新形態「牛の四文屋」である。

090318gs01

 早速入ってみると、焼き台には知った顔がいる。更にカウンター席には四文屋の社長さんが。ご挨拶などして飲み始めていると、「石松」のマスターも来店、なんだか賑やかだ。

090318gs02 090318gs03

 店内の雰囲気は、他の「四文屋」と同じで違和感がない。入りやすくていい。

090318gs04 090318gs05

 例によって「四文屋」らしく、キャベツで始めて、串焼きを何本かオーダー。ロースにイチボ、ホルモンはハツにタンシタ。どれもウマい。

090318gs06 090318gs27_2

 他に、ハラミやレバ刺しなどを頼んでいると、すぐに満腹感が。豚と違って牛は腹に来る感じだ。石松のマスターによると、脂が牛の方が多いせいだろうという。なるほど、そうかもねぇ。

090318gs28_2 090318gs29

 左は石松マスターが頼んだ「煮込み」。牛を使っているのだろうけど、ちゃんと四文屋の味になっている。

 美味しいし店の雰囲気もいいのだけど、お値段が・・・。焼き物を6本とレバ刺し、生ビールにウーロンハイを2杯。これで 3,050円というのは「四文屋」らしくないなぁ。 牛だけに串焼きが豚の倍、200円からだというのもお高くなってしまう原因だろう。「四文屋」なら、この位飲んで食べて 2,000円程度ですんで欲しいものなのだけどね。

 ともあれ「四文屋」の新形態。この手の雰囲気がお好きな方は、是非一度どうぞ。

 場所は昨日も書いたように、中野駅北口サンモールから「築地銀だこ」とお総菜の「わしや」の間の細い路地に入り、少し先の右側。元「長浜ラーメン」のあった場所です。つまり「平凡」の並びね。

◆牛の四文屋
 中野区中野5-63-5 最寄駅:中野
 16:00?-23:00? 定休日不明

|

« もうじき開店「牛の四文屋」@中野北口 | トップページ | 路傍の花 »

コメント

こんにちは。ご無沙汰しております。
四文屋で3,000円以上はかなりショックですよね。
「牛鍋」がとても気になりますが、一人酒の場合やはり手が出ないかぁ。
キン宮はありましたか?

投稿: キーサン | 2009.03.22 10:22

 ども、キーサン(さん)。

 そうなんです。ちとお値段が、お父さん価格からは離れてしまったような気がしますぅ。

 飲み物は、生ビールが 500円。キンミヤ(梅割り)が 350円。ウーロンハイやサワー類が同じく 350円でした。つまり、こちらは他の四文屋と同じ。「牛」だけが、ほぼ倍のお値段になってます。

 だから、この「うしもんや」に来たら、キャベツや野菜の焼き物中心にというのが、お父さん的正解かも(^^;

投稿: BUSH | 2009.03.22 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/44395601

この記事へのトラックバック一覧です: 「牛の四文屋@中野北口」本日開店:

« もうじき開店「牛の四文屋」@中野北口 | トップページ | 路傍の花 »