« 「元(そもそも)@江古田」の裏油そば | トップページ | 「夕やけ@新宿御苑」進化した牡蠣めし »

2008.11.10

「喜紳@中野駅前」ラーメンを始める?

 この夏、中野駅前にリニューアルオープンした「中華麺屋 喜紳」。早いもので開店からもう3ヶ月近くが経つ。つけ麺専門店だということと、高級感はあるものの値段設定が若干高めということもあって、ちょっと心配していたのだけど、お味はもちろん、場所の良さも相まって、結構お客さんが入っているようだ。

 とはいえ、これからの季節はつけ麺一本では厳しいだろうなと思っていたら、どうやら冬場はラーメンも出すらしい。信憑性の高い消息筋からそんなウワサを耳にしたので、寄ってみることにした・・・のだけど、まだやってなかった。聞いてみようにもご主人はフロアにはいないし、わざわざ降りてきて貰うのもエラソーなので、聞くのはまたの機会にして、今日はこれ。

081110kn

 「塩つけ麺 830円」
 早稲田通り時代の喜紳テイストを唯一感じさせるのが、この塩つけ麺のタレというか、つけ汁と細めに切られたバラ肉のチャーシュー。つけ汁は鶏のダシが強くてちょっと懐かしい。

 中太のストレート麺は、昔と比べて加水率高め。きっと粉も変えているのだろう。茶とグレーの中間のような色をしている。柔らかなコシとツルツル感が秀逸だ。
 麺の方にトッピングされているのは水菜にキャベツ、穂先メンマ、キザミ海苔、薄切りゴボウ揚げなどが乗っている。

 非常に水準の高い、美味しい一杯だ。ただ、このお値段なら中盛り300gまでは、サービスで出してくれたら嬉しいのだけどなぁ。普通の量だとちょっと物足りないと。かと言って、あと 100円だすと、もう 930円だもの。ちょっと考えてしまう。

 ともあれ、美味しいつけ麺です。未食の方は一度どうぞ。

 とはいえ、そろそろ季節的には暖かいのが欲しいところ。たぶん今頃はスープを試作中なのだろう。早くラーメンを始めて欲しいものだ。

◆(新)中華麺屋 喜神
 http://ameblo.jp/kishin1484
 移転後:中野区中野5-62-7 最寄駅: 中野
 11:30-23:00 (スープ切れまで) 休日不明

|

« 「元(そもそも)@江古田」の裏油そば | トップページ | 「夕やけ@新宿御苑」進化した牡蠣めし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/43079131

この記事へのトラックバック一覧です: 「喜紳@中野駅前」ラーメンを始める?:

« 「元(そもそも)@江古田」の裏油そば | トップページ | 「夕やけ@新宿御苑」進化した牡蠣めし »