« 「めじろ@川崎BE」の塩ラーメン | トップページ | 「二郎@川崎」でヤサイダブル »

2008.10.19

「覆麺@神保町」日祝の新メニュー

 先週に続いて「覆麺@神保町」である。昨日朝のフジテレビ「めざましどようび」で、この店が神保町界隈の話題の店みたいな感じで取り上げられていた。わずか2~3分だったけど、先日平日朝にやってたテレビ東京の「朝はビタミン!」よりは影響力がありそうだ。

081019fj00 さて、前回の記事の中でお知らせしたとおり、今週から日曜祝日用のメニューが、これまでの「ホタテ貝柱のスープ」から、「背脂」を使ったラーメンに変わる。何故変えるのか? 先週の黒覆面氏の話によると、ホタテ貝柱は見た目に変化がないので、判らない人には判らないらしく、判りやすくするための変更だそうだ。引き出しのやたら多い黒覆面氏のこと、今後もきっといろんなメニューを出して来てくれるに違いない。

 テレビの影響も考えて、いつもより早めに店の前に着いてみた・・・のだけど、開店時間になってもお客さんは私一人だった(^^;

 定刻より5分ほど遅れて開店。入ると今日は黒覆面氏(ミスターブラック)の方はいなかった。聞くと今日は休みだという。土日は白黒交代で休みを取っているようだ。そんな話を比較的?日本語に堪能な白覆面氏としていると、お客さんが徐々に増えてきて、じきに満席となった。

081019fj02

 「背脂ラーメン(コッテリ) 780円」
 コッテリとスッキリが選べるようになっている。はたしてスッキリがどんなものなのかは判らないけれど、コッテリはこれ。この一種独特な背脂は、かつて「問題のアノ人」が1年と少し前に某所でたぶん初めて出したモノに非常によく似ている。白い背脂のいわゆる「コッテリ、チョッテリ、アッサリ」のあれ系を想像していたので、意表を突かれた感じ。でもすぐに「なるほどねぇ」とも思った。

 スープは昔懐かしいというくらい、しっかり濃い醤油味のするものだった。まずはその醤油味がガンと来て、続いて煮干しや大量の昆布の風味がジワリと来る。このスープというかタレは、この延長線上にデビルの味が見えるような、そんな濃くて旨味のある醤油スープだ。タレを少し追加して貰うと余計にその感を強くした。

081019fj05 麺は極細のストレート麺がやや硬めに茹でられていて、先週までのホタテとの見た目上の変化は、スープの色がより濃くなっていること以外には、まさにその背脂の部分だけ。やや歯ごたえのある、どこか内臓系を思わせる食感のあるこの背脂は、アブラというより肉か軟骨の一部を含んだ背脂肉という感じがする。

 バラ肉ロールのチャーシューやメンマ、焦がしネギ、モヤシなどのトッピングはいつもと同じ。やっぱり美味しいラーメンに仕上がっている。嬉しいなぁ。黒魔術に魅せられているようだ。これでまた日曜日の楽しみが増えた。

081019fj09

 ちなみに上の画は、前出の一年と少し前に某所で食べた「ニューこってりの醤油」だ。モヤシと焦がしネギを加えたら・・・スープの色と味は違うけど。ねぇ(^^;

 なお、問題のあの人はまだ、コンゴで消息不明のまま、みたいだ(^^;

 例によって「ごちそうさま、アンガーラっ!」と言って店を出た(^^;

 注:今回の画も携帯のカメラによるもの。見にくくってすいません。

◆覆麺(ふくめん)
 千代田区神田神保町2-2のあたり 最寄駅:神保町
 11:00-22:00 土曜は21:00、日曜は18:00まで
 いずれもスープ切れまで 不定休(無休らしい)

|

« 「めじろ@川崎BE」の塩ラーメン | トップページ | 「二郎@川崎」でヤサイダブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/42846255

この記事へのトラックバック一覧です: 「覆麺@神保町」日祝の新メニュー:

« 「めじろ@川崎BE」の塩ラーメン | トップページ | 「二郎@川崎」でヤサイダブル »