« 「むろや@新宿御苑」の限定海老塩 | トップページ | 「むろや@新宿御苑」の限定海老塩つけ麺 »

2008.10.23

「銀座五行」で四季のラーメン

 「ラーメンダイニング 五行」と言えば、あの河原成美氏による「一風堂」の別ブランドとして有名だ。

081023gg01 ラーメンダイニングという名のとおり、麺酒家をコンセプトにした、そして「一風堂」とは一線を画した格調高い店作りが印象的でもある。

 「五行」とは「万物は木・火・土・金・水の 五種類の元素から成る」という中国発祥の思想に由来するものだそうだけど、これをラーメンに置き換えると、例えば「ダシ、タレ、麺、具、心」の5つとか。まぁこれは私の勝手な当て推量で、本当はもっと深遠なところにあるのかもしれない(^^ゞ。

081023gg02 そんな「五行」がと言うか当時「一風堂」の河原成美氏が、2001年から始めた「四季のラーメン」は、年に2~3回、その時々の旬の素材を使って、氏自らが創作する渾身の一杯なのだそうだ。しかも全国に5つある「五行」のどこかの店でのみ開かれるという、いわゆるレアなイベントになっている。
 そんなイベントに運良く塩哲さんが予約を取ってくれた。

 銀座2丁目ベルビアビルの7Fにある格調高い店の前に着いたのは、待ち合わせ時間の19時少し前。店の前には行列ができていて、既に塩哲さんとたけぞうさんが先着して待っていてくれた。

 今回は予約用に100杯、当日用に100杯の計200杯が用意されたのだけど、予約はすぐに一杯。当日分も開店時間の18時過ぎ頃には完売してしまっていたようだ。

 ちょうど店の前には河原氏がいて、ご挨拶することができた。TVなどマスコミに露出する機会が多い氏は有名人でもある。かくいう私もナマ河原氏を見るのは、これでようやく二度目だ。

081023gg03 081023gg04

 間もなく入店して着席。内装も格調高いけど、見てくださいこのお箸。これだけでもカッコイイよね。店内にはたくさんのスタッフがキビキビと立ち働いている。聞くと各地の「一風堂」や「五行」の支店から支店長クラスが10数人、応援に駆けつけているそうだ。 にも拘わらず、さきほどまで入り口のところにいたはずの河原氏が、自らフロアを担当して水やラーメンを運んでいたりする。こういうところにもご人徳が現れるのだろう、さすがカリスマと言われる人物である。

081023gg05

 「四季のラーメン 1,500円」
 今回で14作目になるというこのラーメンのテーマは、「アラ燻薫(あらくんくん)」。この「アラ」は漢字で魚ヘンに荒と書き、関東では「クエ」という魚のことだそうだ。次の「燻」は燻製の燻で、最後の「薫」はかおるという意味。
 つまり「アラ(クエ)」でダシをとったスープに、旬の魚「クエの燻製」と、まさに旬「焼きマツタケ」が薫るというわけだ。

 この素晴らしい清湯スープを見て下さい。上品な塩ベースのスープは味も薄め。でも、しっかり旨みを感じる。クエで潮汁を作り、そこに平戸の焼きアゴ、帆立貝柱、げんこつなどから取られたダシを加えているそうだ。
 トッピングは「クエの燻製」と「焼きマツタケ」の他に、左上に見えるのはゴーヤとくずの磯辺揚げ。そしてラディッシュの芽。右にある薄いオレンジ色はラディッシュ?冬瓜? 何だろう。

081023gg07 加水率高めの麺は、番手の違う太さの麺が数種類。と思ったら、太さが違うのは「手切り」だからだそうだ。基本的には細麺なのだけど、これがまた食感を変えてくれて、且つ、よくこの清湯スープを持ち上げてくれる。何より、麺自体が旨い。

 そうして燻製を口に含むと、えも言われぬ芳香が鼻腔を満たしてくれる。魚の半身ををドンと燻製にするのではなく、一枚一枚を燻煙して香りと味をつけ、さらに充分に風乾もしているに違いない。使ったのは桜のチップと・・・この甘い香りは、ひょっとしたらリンゴもかも。

 トッピングの中で最後に口にしたのは、やっぱりこれ「焼きマツタケ」。考えてみるとマツタケを口にするのは。この秋初めてかもしれない。魚介のスープに燻製と松茸の薫りが溶け込んで、もう堪りません。上品で、そして滋味深いとはこういうのを言うのだろう。

081023gg06 081023gg08

 ドンジリに控えしは、「栗おこわのおにぎり」。これをわざと少し残したスープに入れて、オジヤのようにして食べるわけですな。これがまたもう堪りません。

 1,500円というお値段では「これは安い!」、そう思わせるラーメン、というよりも「料理」だった。いつまでも食べていたい、飲んでいたい。そう思いながら完食の全汁。ともかくもそんな至高の一杯なのでした。

 帰ろうとすると、河原氏がお客さん一人一人に頭を下げてらっしゃる。うーむ、さすが。こちらの方が頭が下がるというものだ。

 塩哲さん、今回もどうもありがとうございました。

◆ラーメンダイニング 麺酒家 銀座五行
 http://ramendining-gogyo.com/index.html
 中央区銀座2-4-6 銀座Velvia館7F 最寄駅:銀座一丁目・銀座
 月~水 11:00-16:00(15:30 LO) 17:00-24:00(23:00 LO)
 木~土 11:00-16:00(15:30 LO) 17:00-翌3:00(翌2:00 LO)
 日   11:00-16:00(15:30 LO) 17:00-22:30(22:00 LO) 無休

|

« 「むろや@新宿御苑」の限定海老塩 | トップページ | 「むろや@新宿御苑」の限定海老塩つけ麺 »

コメント

BUSHさん、TB&コメントどうもです〜♪

いやぁ〜ステキなラーメンでしたね〜(^^)v
そして現時点ではやはり河原軍団は最高峰のラーメン屋さんかもしれませんね。
いろんな意味で素晴らしいと思いました。

投稿: FILE | 2008.10.24 15:51

BUSHさん、こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。大変良かったですね。
感動いたしました。
次回(たぶん年明けの1月頃)の四季が決まりましたら
ご連絡いたします。
明日の覆麺、レポ楽しみにしております。
では。

投稿: 塩哲 | 2008.10.24 17:47

▼FILEさん。
 なるほど「最高峰」のね。最近の「ちゃぶ屋系」とか、「せたが屋系」はよく知らないのですが、確かにそんな感触がありました。また東京でやってくれるといいですよね。

▼塩哲さん
 今回はありがとうございました。おかげさまで、感動的なまでのラーメン、というか料理を食べることができました。嬉しかったなぁ。また機会があったら是非お願いしますね。

 覆麺、レポします。待っていて下さい。

投稿: BUSH | 2008.10.24 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「銀座五行」で四季のラーメン:

» 銀座五行@銀座 19:05 [FILEのラーメンファイル]
[08_426] 実は今回はあきらめていたのですよ・・・『銀座五行』の「四季のラーメン」。一日限りのラーメンイベント。前回、前々回と銀座で開催の折りには立場も考えずに参加しちゃっていたのですが…。今回は夜だし…。完全予約制だと言うし…。しかも、今週は仕事的に....... [続きを読む]

受信: 2008.10.24 15:51

« 「むろや@新宿御苑」の限定海老塩 | トップページ | 「むろや@新宿御苑」の限定海老塩つけ麺 »