« 08秋・東村山うどん旅「野口製麺所」 | トップページ | 「覆麺@神保町」問題のアノ人は今4 »

2008.10.11

08秋・東村山うどん旅「とき」

 「野口製麺所」を出て、さてお次はどこに行こう。大盛りにしなかったので、まだ充分腹には余裕がある。空いている「こせがわ」にしようかと思ったけど、また茹で置きに当たるとヤだなぁと。

081011th01 そんなわけで時間的にも行列を覚悟して、このお店に決めた。
 武蔵野うどんの聖地・東村山の雄、「手打房とき」である。
 店の前に着いてみると、幸い外に行列はなし。店の中は満席だったけど、すぐにカウンター席が一つ空いて座ることができた。でもここからが例によって長かった。ご主人が一人で全てを作っているので、時間がかかるのだ。約30分後、ようやく出てきた。歩いた時間と合わせて小一時間。お腹もかなりこなれてきてちょうどいい。

081011th02r_2

 「肉汁うどん 600円」
 まず出された「うどん」を生のまま、すすり込む。しっかりと小麦粉の味がする、それも地粉の味だ。なぁんて正確にはわからないのだけどね(^^; でも、いかにも「武蔵野うどん」らしい「とき」の味だということはわかる。「讃岐」のようなツルツル感とは違って、またコシというよりは硬いというほうが似合う。噛んだ歯を押し返すような食感なのだ。

081011th03 081011th04

 これを肉と野菜の甘みが溶け込んだ肉汁に浸けて、頬張る。旨いなぁ。ほんと、東村山に住んでいる人がうらやましい。途中でラザニアみたいな幅広麺(一反木綿)口に入れて、ちょっとした変化を楽しむ。旨い一杯だった。

 せっかくの土曜日だから、もう一店とも思ったけど、今日はこれで腹一杯の幸せ一杯。
 また「トトロの盛り」ぢゃない、「トトロの森」が色づく頃に来てみよう。

◆手打房 とき
 東村山市野口町1-7-10
 11:30-15:30 17:30-20:30 日曜休

|

« 08秋・東村山うどん旅「野口製麺所」 | トップページ | 「覆麺@神保町」問題のアノ人は今4 »

コメント

ワンタンみたいなウドンって、
旨いんですよね。

投稿: つぐ | 2008.10.15 01:43

 ども、つぐさん。
 コメント、どうもです。

 ワンタンみたいな。なるほど、そういうのも旨いかも。
 ここの一反木綿みたいなのは、結構厚みがあって歯応えがあります。これでワンタンを作ったら、美味しいかもと思います。
 具入りのスイトンになっちゃうか(^^ゞ

投稿: BUSH | 2008.10.15 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 08秋・東村山うどん旅「とき」:

« 08秋・東村山うどん旅「野口製麺所」 | トップページ | 「覆麺@神保町」問題のアノ人は今4 »