« 「むろや@新宿御苑」で塩つけ麺 | トップページ | 08中野チャンプルーフェスタ1 »

2008.07.18

名古屋らしい昼飯を探したら

 今日は朝早くから新幹線「のぞみ」の人。そうして名古屋だがね。午前中の仕事を片づけて移動。途中で昼飯時間となった。さて、ここはどこ?(^^; 土古と書いて「どんこ」と読むらしい。全く土地勘のないところだけど寂れた商店街風のところを探してみることにした。

080718kn01 どうせなら名古屋らしいものを食べたいと思ってたのだけど、どうもそれらしい店がない。人も殆ど歩いてないし。次の交差点まで歩いて無かったら、もっと大きな駅まで行って探そう。そう思ったその矢先、「手打めん処 釜喜 本店」ですと。おおっ、きしめんが食べられる!(^o^)v

 入ってみると清潔そうな店内。なかなか感じのいいお店ではありませんか。外には殆ど人がいないのに店内はほぼ満席。これは期待できますな。メニューを見ると「味噌かつ丼」もある。ラッキー! とても感じのいい仲居さんに聞くと、ランチタイムだから「ミニきしめん」とのセットメニューもあるという。「じゃ、それをお願いします」。すると「きしめんはコロにしますか?」と聞かれて、私の頭に「?」マークが三つほど点灯。少なくともその「?」マークの一つに気づいた仲居さんが「あ、冷やしのことですよ」と。その瞬間、ジモティと思われる周りの人たちの視線が私に集中したような気がする。恥ずかしいったらない。無知ですんません。
 そんなやりとりがあって、出てきたのがこれ。

080718kn02

 「味噌かつ丼とミニころきしのセット 800円」
 旨そうでしょ。味噌かつ丼ときしめんが、いっぺんに食べられるとは思ってなかったのでなんだか嬉しい。まずは味噌かつを一口。ふむふむ、トンカツもそこそこ厚いし、サクサクで美味しいではないですか。これまでにも何度か食べたことがあるけど、できれば普通にカツ丼にして欲しかったとか、または普通のトンカツ定食の方が・・・なぁんて思ってはいけないのだ。ここは名古屋。あくまでも味噌かつで勝負しなくちゃね。

 「ころきし(冷やしきしめん)」の方はちょっと感動的だった。鰹ダシが上品に効いていて実にいい。きしめんのツルツル感とこの冷たい鰹ダシが涼感を運んでくれる。そんな感じだ。

 後で調べたら、この「ころ」というのは漢字では「香露」と書くそうだ。なるほどと思った。鰹も強すぎるとダメだろう、このおすましのような上品さがいい。何でもちょっと濃すぎない?みたいな名古屋でいいもの見つけた(^^;
 これならミニでなくてフルサイズで食べたかったなぁ、というのは後の祭り。でもこの値段で両方食べられるのだから文句なし。

 というわけで、思いがけず大満足な昼飯となったのでした。知らない土地での行き当たりばっ旅も、たまにはいいこともあるもんだ。

 ビール飲みたかったなぁ。名古屋の蒸し暑さはまた別格です。

◆手打めん処 釜喜 本店
 愛知県名古屋市港区土古町2-9 最寄駅:名古屋競馬場前
 休日・営業時間 不明

|

« 「むろや@新宿御苑」で塩つけ麺 | トップページ | 08中野チャンプルーフェスタ1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/41895550

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋らしい昼飯を探したら:

« 「むろや@新宿御苑」で塩つけ麺 | トップページ | 08中野チャンプルーフェスタ1 »