« 「エリーゼ@四谷」のポークジンジャー | トップページ | きしもと食堂@新宿伊勢丹『大沖縄展』 »

2008.07.25

新店「覆麺@神保町」の味玉覆麺

 「とら会」で神保町に新店という情報に接した。ラヲタ仲間のFILEさんからもコメントでお薦めをいただいている。昨日、神田神保町にオープンした「覆麺」である。その名のとおり店員が覆面をしているという。そしてラーメンそのものの出自も秘密。店名にはそんな意味合いもあるみたいだ。FILEさんのコメントからは、あるイメージが伝わってくる。
 となれば行かねばならない。まだ19時前だけど、さっさと仕事を片付けて地下鉄でGO!

080725fm01_4 080725fm02_2 080725fm03_3

 これがお店の外観だ。オレンジ色の外装に「覆麺」と書き殴ったような暖簾。そして何やらどこかで見たような覆面のオブジェが飾られている。外装の色を変えて、覆面を置き換えたら・・・またあのイメージが浮かんできた。

 店に入ってみると、本当に覆面をした店員さんが二人。ご主人らしき人が黒覆面で、もう一人が白。事前情報によると、この二人は日本語がうまくないらしい。店内の貼り紙にも「日本語はよくわかりません」と書いてある。お運びさんの女性は普通に日本語をしゃべるようだ。

 黒覆面の方は時折「「アンガーラ」」と叫ぶ以外は「んあ」とか「ぉあ」みたいな言葉を発するだけ(^^;

 知らずに入った人は引くだろうなぁ。でも黒覆面氏を上から下までジックリ見た私はこの段階で、ある確信を得た。そうなると、もう笑みがこぼれてしまって仕方ない。

080725fm05

 「味玉覆麺(正油)880円」
 メニューはこの正油ラーメンと「油覆麺」という名の油そばしかない。まだ暑かったけど、ここは基本のメニューから。何となくどこかで見たことがあるような具と盛りつけ。

080725fm06 その具はバラ肉ロールのチャーシューに超半熟とろっとろの味玉、こりこりのメンマ。モヤシの上にはとキザミねぎと揚げネギ、更に揚げ玉ねぎ。これが正油色のスープと極細麺の上に載っているわけだ。

 スープを一口すすってみると、おおショッパい。そして旨い。そしてやや硬めに茹でられた極細のストレート麺。丼ブリだけ違和感があるけれど、うん、この感覚は間違いなく・・・。

 帰ってきた、この味が。もの凄ーく嬉しいなぁ。もう言うことなし。明日にももう一つのメニュー「油覆麺」を行ってみることにしよう。

 私が大好きなラーメンです。ショッパ辛くも旨いのが特徴。人によって好き嫌いが分かれるかもしれない。でもでも、是非行ってみてくださいまし。

◆覆麺(ふくめん)
 千代田区神田神保町2-2-26 最寄駅:神保町
 11:00-22:00 不定休(無休らしい)

|

« 「エリーゼ@四谷」のポークジンジャー | トップページ | きしもと食堂@新宿伊勢丹『大沖縄展』 »

コメント

この記事をみて8/1夜に覆麺へ食べに行ってきました。
覆麺(醤油)を食べたのですが、
写真のような細麺ではなく中太平打麺?でした。
麺、変えたんですかね〜(´∀` )

投稿: harataka | 2008.08.02 22:16

 ども、harataka さん。

 へぇ~、中太の平打ちですか。ひょっとするとスープも変えたかな。
 あの黒覆面氏の場合は、何をどう変えても不思議じゃありません。引き出しが多すぎて本人もメニューやレシピを覚えていないくらいですから(^^;

 でも、貴重な情報をどうもありがとうございます。近々また行ってみようと思います。

投稿: BUSH | 2008.08.03 02:37

 ども、harataka さん。

 昨日言って聞いたら、太麺を使ったことが一時的にあったようです。今はやってないのだそう。(カタコトのニホンゴね(^^;)
 まだ試行錯誤の段階みたいなので、また突然やってくれるかもしれません。

投稿: BUSH | 2008.08.10 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新店「覆麺@神保町」の味玉覆麺:

« 「エリーゼ@四谷」のポークジンジャー | トップページ | きしもと食堂@新宿伊勢丹『大沖縄展』 »