« 「がんこ西早稲田」の塩こってり | トップページ | 08梅雨・東村山うどん旅「こせがわ」 »

2008.06.28

08梅雨・東村山うどん旅「野口製麺所」

 前夜チャリダーのN氏から東村山うどん旅のオファーを受けた。もう菖蒲祭りも終わって空いているだろうしと、「野口製麺所」で待ち合わせである。N氏は仲間達と東京からチャリでココまで来たそうだ。そう、ここは「武蔵野うどん」の聖地東村山にありながら、美味しい「讃岐うどん」を出す希有なお店。わざわざ来るだけの価値があることは間違いない。

080628sm00_s 080628sm01_s

 ご主人にご挨拶して。いつものようにまずは「天ぷら」と「おでん」を取ってきてと。そしてビールで乾杯。アッと言うのに飲み干して、私一人だけ土佐の銘酒「美丈夫」。昼間酒っていいよねぇ(^o^)v

080628sm08_s

 「温卵うどん(冷) 600円」
 このメニューが大のお気に入りで、たまには他のメニューも頼まないと、と思ってメニューを見るのだけど、結局これに落ちついてしまう。
 何度か書いているけど、よく締められたツルツルのうどんに、いりこダシと産みたて卵の温玉が、ほんとに良く合うんですね。今日も大満足。

 えっ? どうして今日は大盛りじゃないのかって? ムフフ、今日は土曜日だから他の「武蔵野うどん」の店が開いているからなんですね。

 というわけで、次のお店へと続く・・・。

◆野口製麺所
 東村山市野口町4-46-1
 11:00-15:00 土日夜の部 18:00-21:00 無休らしい

|

« 「がんこ西早稲田」の塩こってり | トップページ | 08梅雨・東村山うどん旅「こせがわ」 »

コメント

どうにか、混雑もおさまりました。 お友達お誘いの上ありがとうございました。 あの後、2件も寄ったのですね・・・。 すごい! 茹で置きの件は、お店それぞれの考え方がありますので、残念でしたね。 
 ただし、製麺所の片隅で食べる讃岐うどんであるならば、文句は言えません。 食べさせていただいている感がありますからね。 しかし、きちんとした食堂形態をしていて、湯で置きは30分過ぎたら出す物ではありませんね。 それが、その店のレベルと思われるからです。 または、価格を下げて提供すれば消費者も納得すると思われます。  いずれにせよ、他を良く知って行動しないと何かにつけ後手後手になります。
私も、常に初心忘れずにがんばります。  

投稿: 野口製麺所 | 2008.07.03 17:30

 ども、野口製麺所さん。

 こちらこそ、お世話様でした。美味しいうどんをいつもありがとうございます。

 茹で置きのうどんもまた好きずきなんでしょうね。でも明らかに、ヘタッてしまっていると、その店の茹でたての美味しさを知っているだけに、とても残念な気分になってしまいます。
 もちろん、製麺所の片隅でというシチュエーションなら文句はありません。というか、そんなところで食べてみたいものです。

 なんとか夜の部へ、という気持ちだけは強いのですが・・・(^^ゞ

投稿: BUSH | 2008.07.03 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/41690010

この記事へのトラックバック一覧です: 08梅雨・東村山うどん旅「野口製麺所」:

« 「がんこ西早稲田」の塩こってり | トップページ | 08梅雨・東村山うどん旅「こせがわ」 »