« 「GOMA@沼袋」の夏季メニュー | トップページ | ドラマ「ごくせん」に新井薬師が »

2008.05.10

一人でも「野口製麺所@東村山」

 もうここのところ「やめられない止まらない」状態になってしまった「うどん」がある。

080510ns01 朝から雨だというのにオヤヂ一人で東村山詣で。それもお目当ては武蔵野うどんの聖地東村山にあって毅然として讃岐うどんを標榜する「野口製麺所」である。

 いつの間にか何時の電車に乗るとシャッターできるか覚えてしまった。うどんがウマイというのはもちろんだけど、これほど惹きつけられるのは、何より気楽さがいいからだろう。ウマいおでんと旬の天ぷらをアテに軽く呑みながらというスタイルが嬉しい。

 今日はちょっと肌寒いくらいだけど、テラス席に陣取ってノンビリやることにした。GWも終わったし、雨だから客足も少ないだろう。
 というわけで、まずは「朝採れのタケノコ」の天ぷらとビールで一人乾杯。

080510ns03 080510ns04

 そして茄子とサツマイモの天ぷらを取ってくるあたりで土佐の名酒「美丈夫」へと。もうなんだかこれもパターン化しそうだ。さらに牛スジと玉子、ダイコンのおでん。旨い肴と酒でマターリ。なんだか、メインのうどんを忘れてしまいそう。

080510ns06

 「卵しょうゆうどん(大盛り) 650円」
 前回のリベンジ。初産みの卵が冷たく締められた讃岐うどんとどう絡むのだろう。

080510ns07 ひな鳥の卵だから小さめなのと、大盛りにしたのとで卵を二つにして貰った。
 うん、旨い。冷たいうどんなら、この濃い卵は一つでも充分だった。ダシ醤油ともベストマッチで、もともとツルツルのうどんが更になめらかになって口の中に滑り込む。そして噛むとシコシコの食感。うーん、なるほど。こんな食べ方もあるんだなぁ。
 冷たいうどんに温玉の組合せもよかったけど、これもまたいい。この店に来るたびに何を頼むか迷いそうだ。

 さてと次回はいつ来られるだろうか。ご主人からも土日の夜の部に是非と言われた。なんとか実現せねばなるまい。

◆野口製麺所
 東村山市野口町4-46-1
 11:00-15:00 土日夜の部 18:00-21:00 無休らしい

|

« 「GOMA@沼袋」の夏季メニュー | トップページ | ドラマ「ごくせん」に新井薬師が »

コメント

 たまごしょうゆ気に入っていただけましたか? 前回は失礼いたしました。 あの後はどうされたのでしょうか? またはしごされたならびっくりですが・・・(笑) 当店のモットーのお気軽にをどうぞ堪能しにまたいらしてくださいね。 季節に合わせてのオリジナルメニュー開発にも試行錯誤してますので、その具合も見てやってくださいませ。

投稿: のぐうどん | 2008.05.13 19:44

 ども、のぐうどんさん。
 コメントありがとうございます。

 ふの後は、めずらしくハシゴすることもなく、素直に帰りました。「季節のメニュー」といえば、タケノコのうどんをまだ食べてなかったなぁ。目移りするメニューが多くて困ってしまいます。

 また、近々マターリしにお伺いしますね。

 

投稿: BUSH | 2008.05.14 07:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/41165995

この記事へのトラックバック一覧です: 一人でも「野口製麺所@東村山」:

« 「GOMA@沼袋」の夏季メニュー | トップページ | ドラマ「ごくせん」に新井薬師が »