« 「福粋@中野」近日リニューアル | トップページ | 「パニパニ」のお花見@哲学堂 »

2008.03.30

最後の「がんこ総本家@池袋」

 3月最終日曜日の「がんこ総本家@池袋」である。家元がこの3月いっぱいで「旅」に出てしまうので、私にとっては事実上今日が最後の「がんこ総本家」になる。先日の「ファイナル悪魔」の時に、家元がこの日には何かやるかも知れないと言っていたので、それを期待して来たわけだ。

080330gs00 店の前に着くと、既にチャリダーのN氏が到着していて常連さん達とお話している。いつもの顔ぶれ(塩哲さんFILEさんアミーゴさんたけぞうさん、ビッグバイクさん、めがねさん)も徐々に揃って来た。
 今日もまた定刻より少々遅れて家元のパフォーマンス。出来たてのラーメンをすすってみせ、ニコニコ顔でピースサイン。今日も旨そうだ。

 見た目では何事もないようだけど、先日痛めたという左肩がまだ思わしくないらしく、ラーメンの仕込みにも影響しているみたいだ。ここのところ定刻より遅れがちだったのは、そのせいらしい。

080330gs04

 「しょうゆラーメン +味玉 +大盛 1,000円」
 今回のダシはナイショらしい。だからこのラーメンにも特に名前はない。スープを一口すすると、トロミがあって、ちょっとショッパめ。見た目どおり茶褐色で、このショッパさの先に「悪魔」が見える、そんな雰囲気のラーメンだった。ダシには米と牡蠣、そして魚介が使われているらしい。米はダシとしてどう使うのか、サッパリ判らないけど、このトロミはそのせいなのかもしれない。

 麺は中細ストレート麺。いつも平日に使っている麺のようだ。カタメに茹でられた麺は食感がよくていい。あと、今日のチャーシューは、いつもより少しばかり大きめで、塩加減、柔らかさ加減ともに秀逸だった。

 ちょっと悪魔チックなラーメンが最後に食べられて本当にラッキー。途中で「一味唐辛子」を足してみたら二度旨い。さすが家元推奨の食べ方でもあるなぁ。

 さてさて、これでしばらくは「総本家」は打ち止め。今後この池袋の店は、現在助手のL氏が「がんこ」の分家として切り盛りして行くことになる。たまには行かねばなるまい。

 それにしても、何より「悪魔」を食べられなくなるのが痛い。「旅にでる」という家元には、なんとか早め復帰して貰って、またどこかで「がんこ総本家」を立ち上げて欲しいものだ。

 食べ終わっての帰り際、みんなに「いつかまた会いましょう」と言ってくれていた家元。本当にその時を楽しみにしてますよ。

◆新・元祖一条流がんこ 総本家 → 一条流がんこ池袋店?
 それとも、がんこ客分?分家? いずれにせよ直系扱いでしょう
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 営業時間:11:30頃-22:00頃(中休みありかも) 休業日未定

|

« 「福粋@中野」近日リニューアル | トップページ | 「パニパニ」のお花見@哲学堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の「がんこ総本家@池袋」:

« 「福粋@中野」近日リニューアル | トップページ | 「パニパニ」のお花見@哲学堂 »