« 「がんこ十六代目」のコッテリ | トップページ | 雪の哲学堂と梅の花 »

2008.02.02

「がんこ十六代目」の塩つけ麺

 この「十六代目」は夜だけの営業。しかも最寄駅である高田馬場からちょっと遠い。そのせいでハードルが高くてなかなか来ることができないのだ。ウマイ旨いとラーメンを食べ終わって、そう思ってた時に目に飛び込んできたのがこのメニューだ。この機会を逃すと、またしばらくは食べられないものね。

080202gt11

 「塩つけ麺 800円」
 他のがんこでも、つけ麺は時々目にするが「塩つけ麺」というのは珍しい。実際これは十六代目のオリジナルだそうだ。

080202gt12 080202gt13

 澄んだつけ汁には、沢山のメンマの他、海苔とキザミネギにバラ肉のチャーシューが入っていて、こちらもラーメン同様かなりショッパメに仕上げられている。うん、これまた「がんこ」らしい。やや柔らかめに茹でられた、がんこ細麺も、このつけ汁に良く合っているよなぁ。

 というわけで、ラーメンもつけ麺も、しっかり「がんこ」を踏襲した「十六代目@高戸橋」なのでした。

 今度はいつ来られるかなぁ。あまり間を空けないで再訪したいと思っている。

◆元祖一条流がんこ 十六代目
 豊島区高田3-22-12 最寄駅:高田馬場
 18:00-1:00 日祝・第三月曜休

|

« 「がんこ十六代目」のコッテリ | トップページ | 雪の哲学堂と梅の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/17950872

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ十六代目」の塩つけ麺:

« 「がんこ十六代目」のコッテリ | トップページ | 雪の哲学堂と梅の花 »