« 晴れた日に「常念岳」 | トップページ | 初「がんこ」は小滝橋の塩で »

2008.01.03

「きまぐれ八兵衛@豊科」の らー麺

 今日はお土産を買うという家族に付き合って豊科IC前までお出かけ。途中、雪化粧できれいな山々を眺めながらのドライブとなった。

080103k8_0 家内と娘達が「安曇堂」で「おやき」のお買いものをしている間にお父さんはクルマで1分と、すぐそばにあるラーメン屋さんへ。「きまぐれ八兵衛」である。ここもまたP師匠に勧めて貰った店で、博多系トンコツ白湯ラーメンがメインの店だそうだ。
 11:30が開店時間だそうだけど15分も前に着いてしまった。博多系のお店には付きものの豚骨を煮出すときのニオイが店の外まで漂ってますな。駐車場にクルマを停めて、お山の写真などを撮りつつ、しばらくお待ち。

080103k8_1

 「こがしニンニクらー麺 650円」
 こがしニンニクとは何だろう。たぶんマー油のことだろうなと思ってたら、果たしてそうであった。
 まずはスープをすすってみる。うん、しっかりした豚骨白湯スープだ。かなりトロミがあって、上っ面だけ博多系とは一線を画しているように思う。そのニオイでかなり好き嫌いの別れる博多系ラーメンだけど、豚骨臭はかなり抑えられていて、気になるレベルではなくなっている。また、このスープならマー油はあってもなくてもいい。

080103k8_2 080103k8_3

 麺はもちろん低加水の極細麺。最初は無難にカタメでお願いしたのだけど、それでもトロミの強いスープをよく持ち上げてくれる。なるほど評判がいいというだけのことはある美味しい博多系豚骨ラーメンだ。麺が 1/3ほどになったところで、ハズレだったら頼まない予定だった「替え玉」を追加。今度はバリカタでオーダー。写真を撮ったり紅生姜やカラシ高菜、スリゴマなどをトッピングする時間を考慮してのものだ。

 トロミの強いスープは、替え玉になっても薄くなった感じはせずに完食することができた。トッピングのチャーシューは大きめのものが一枚。柔らかすぎず、これもまた博多系を意識している風でグッド。

 豊科~穂高地区は「凌駕vein@豊科」と「あいぜん@穂高」、そしてこことラーメンにはこと欠かなくなった感がある。また夏になったら来てみよう。

◆ラーメン屋 きまぐれ八兵衛
 長野県安曇野市豊科南穂高271-14
 11:30-14:00 17:30-20:30
 土日は通しで15:00迄 水曜休

|

« 晴れた日に「常念岳」 | トップページ | 初「がんこ」は小滝橋の塩で »

コメント

長野県のラーメンもだいぶレベルアップしてます
機会があればご一緒しましょう
私も修行に励んでおきます

投稿: PROTO | 2008.01.04 11:01

 ども、PROTOさん。

 今度は夏かな? その時は是非宜しくお願いします。

投稿: BUSH | 2008.01.06 11:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/17568987

この記事へのトラックバック一覧です: 「きまぐれ八兵衛@豊科」の らー麺:

« 晴れた日に「常念岳」 | トップページ | 初「がんこ」は小滝橋の塩で »