« さぬきのうどんや@曙橋 | トップページ | 家系「麺家ばく@東中野」 »

2008.01.13

「がんこ総本家」新春スペシャル

 第2日曜日。「がんこ総本家」今年初の「スペシャルの日」だ。新春にふさわしく伊勢海老を贅沢に使ったスープだそうだ。

 いつもどおり開店の少し前に着くと、既に塩哲さんをはじめ、アミーゴさんや大型バイクのライダーさん、kenちゃんがいる。和やかに新年のご挨拶などを交わしていると、FILEさんや、他のいつものお顔も集まってきた。

080113gs0s どうやら今日は家元が腰を痛めたらしく、そのせいで仕込みも遅れているという。定刻の10分ほど前に家元が出てきて、開店までまだ30分ほどかかるという。この寒空に20分の追加お待ちはツライけど、まぁ仕方がない。店からは素晴らしい煮干しの芳香が流れてくる。うーん、たまりませんな。
 12時20分頃、家元が店の前に出てきて、ラーメンを食べて見せOKサインといういつものパフォーマンス。良かった、これだけ待って「スープ不出来」だったら堪らないものね(^^; それから 5分ほどして、ようやくの営業開始。

080113gs06

 「伊勢海老スープの味噌ラーメン(中盛り) 1,200円」
 外で待っている時は甲殻類よりも煮干しの香りの方が強く感じたのだけど、目の前にラーメンが出てくると、10kg使ったという伊勢海老の芳香が素晴らしい。実際にスープを啜ってみても同じで、味噌や煮干しには負けないどころか、きっちり伊勢海老が前面に出ている、もの凄く美味しいスープだった。

080113gs03 080113gs07

 麺は西山製麺の細縮れ麺。やっぱり味噌にはこのちょっとゴワッとしたくらいの麺が合う。スープの持ち上げの良さも太麺ではなく細縮れ麺だからこそのものだろう。
 いつもどおりトロけるチャーシューにメンマ、海苔、そしてモヤシ。たっぷり一味をかけると、いやぁ本当に素晴らしく美味しい。

 寒風吹きすさぶ中、待った甲斐があったというもの。もう一度食べたい、そう思わせる逸品なのでした。

 次回、第4土曜日の悪魔はまだメニューが決まっていないそうだ。

◆新・元祖一条流がんこ 総本家
 新らしい店名は「新一条流がんこラーメン」らしい
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 営業時間:11:30頃-22:00頃(中休みありかも) 休業日未定
 スペシャルまたは悪魔の日は 12:00から売り切れ or 16:00頃迄

|

« さぬきのうどんや@曙橋 | トップページ | 家系「麺家ばく@東中野」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ総本家」新春スペシャル:

« さぬきのうどんや@曙橋 | トップページ | 家系「麺家ばく@東中野」 »