« 看板に初笑い?! | トップページ | 初二郎系は「どっと屋」で »

2008.01.05

初レバサシは「石松」で

 昨日は「パニパニ」、今日は「石松」の営業開始日である。18時過ぎに「パニパニ」に着いてみると、お向かいの「石松」は灯も入っておらず開店の気配もない。いつもどおり「パニパニ」で「石待つ」がてらノンビリ一杯やっていると、Cさん登場。この人も連休中、石松のレバサシが待ち遠しくて堪らなかったクチだ(^^; 「今日、石松はほんとに開けるのかなぁ」などと言っていると、当の石松マスターが「パニパニ」にご来店。仕事始めの前に一杯飲っていくことにしたようだ。

080105im

 石松の開店を待って、お向かいへ5歩移動。訳あって、しばらくの間「モツ絶ち」をしていたのだけれど、正月だし今日は特別。新年ということもあって、久しぶりのレバサシとなった。やっぱり「石松のレバサシ」はウマい。エッジの立ち具合といい、鮮度といい、言うことなし。他店とは明らかに一線を画しますな。

 本当は他のモツ類も焼いて貰いたいところだけど、取り敢えずガマンの子。本当にレバサシを食べて一杯やっただけで、石松を後にしたのでした。

◆もつやき 石松(いしまつ) 旧「もつ焼き春」
 中野区中野5-50-8  最寄駅:中野
 本来の営業時間 20:00~未明または早朝まで。木曜休
 日祝は休み多し。営業時間もあまりアテにはなりません。

|

« 看板に初笑い?! | トップページ | 初二郎系は「どっと屋」で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/17606598

この記事へのトラックバック一覧です: 初レバサシは「石松」で:

« 看板に初笑い?! | トップページ | 初二郎系は「どっと屋」で »