« 08哲学堂の梅 | トップページ | 薬師公園の「コブシ」はまだまだ蕾 »

2008.01.27

「がんこ総本家」真鯛のアラの悪魔

 第4日曜日といえば「がんこ総本家」の「悪魔の日」である。この日ばかりは他の予定は極力入れないようにしている。

080127gs02 家事に手間取ったせいで、ちょっと遅めに着くと、いつもの皆さん(塩哲さんFILEさんアミーゴさんkenちゃんたけぞうさん、スクーターバイクのライダーさん他いつものお顔)がもう揃っている。ほどなくチャリダーの友人N氏も到着。
 ご挨拶を交わしながら家元の様子などを聞くと、どうやら前回痛めた腰の方も良いみたいだ。肝心の悪魔スープの方も順調らしく今日は期待できるらしい。

 そうして開店の直前、家元が店の前に出てきて、今日のラーメンを啜ってOKサインをして見せるという、もう本当に恒例となったパフォーマンス。スープの出来も実際良いらしく、家元満面の笑みだ。そして、その様子を撮りまくる行列の皆さん達。家元が店内に引っ込もうとすると行列の中から拍手まで起きた(^^;

080127gs03

 「真鯛のアラスープの悪魔(中盛り) 1,000円」
 店にはいると、家元が最後の調整にとダシスープに酒を投入するところだった。これでまろやかさを加えるのだと言う。そして「今日は良くダシが出ているので、タレの方を若干薄めにします。もの足りない人はテーブル上のタレを足してね」と。
 で、出て来たのがこれ。トッピングにはお馴染み悪魔肉の他、チャーシュー、味玉、海苔、メンマ、きざみネギ。麺は中細ストレート麺。
 ひと口啜ったとたんに、これが10kg使ったという鯛のアラなのだろう。魚介の風味が口腔一杯に広がる。いやこの悪魔スープもウマイ。ショッパさは最近のマイルド悪魔路線よりわずかに強いかな。「悪魔には一味唐辛子が合うから、たっぷりかけてどうぞ」と家元がいつものセリフ。私も悪魔+一味の組合せは大好きなので、そのとおりにしてみると、うん二度美味しい。

 スープが旨い、そして麺がうまい。更に悪魔肉を筆頭に具もウマイ。いやぁ、たまりませんな。当たり前のように完食の全汁。家元、いつも美味しいラーメンをどうもありがとう。

◆新・元祖一条流がんこ 総本家
 新らしい店名は「新一条流がんこラーメン」らしい
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 営業時間:11:30頃-22:00頃(中休みありかも) 休業日未定
 スペシャルまたは悪魔の日は 12:00から売り切れ or 16:00頃迄

|

« 08哲学堂の梅 | トップページ | 薬師公園の「コブシ」はまだまだ蕾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「がんこ総本家」真鯛のアラの悪魔:

« 08哲学堂の梅 | トップページ | 薬師公園の「コブシ」はまだまだ蕾 »