« 「がんこ総本家」今日はスープ不出来 | トップページ | 「どっと屋@江古田」で大盛り »

2007.11.11

まるきゅうらぁめんの煮干しSP

 「がんこ総本家@池袋」のほど近くにある「まるきゅうらぁめん」である。一昨年の4月にオープンして以来、塩ラーメンの専門店として、お昼時などは行列の絶えない人気店となっていたのだけど、「総本家」がこちらにオープンするまで池袋という土地はほとんど縁のない場所だったので、これまで未食のままだった。池袋に行くときは必ず「総本家」狙いだから余計。
 日曜から木曜までが塩ラーメン専門店で、金・土曜のみ鶏白湯専門となる。

071111m1 今日はこの前の記事で書いたように「総本家」のスペシャルに振られた直後だったので、一緒に並んでいた常連の皆さんと、ここへ行くことにしたわけだ。
 日曜日のお昼過ぎという時間、行列ができているかなと思っていってみたのだけど、さいわい5人だけ。大人しく並んで待っていると、ご主人が出てきて、こちらの常連でもある塩哲さんと談笑。煮干しの効いたスペシャルバージョンができるとのことなので、それに便乗させて貰うことにした。初めての訪問でスペシャルというのは、ラッキーだ。

071111m2_2

 「煮干し塩そば 700円」
 見てのとおり、実によく澄んだ清湯スープだ。早速一口すすってみると、なんと美味しい塩ラーメンであることか。人気のお店であるのがよくわかる。塩が突出していないというか、とてもマイルドというか上品なのだ。塩のとがった感じがしない。
 浅草開花楼の特注麺だという中太麺は、美味しいし、この清湯スープをよく持ち上げてくれる。この麺なら、きっとつけ麺も旨いだろうなぁと思わせる麺だった。
 一度炙ってからトッピングされるチャーシューは、香ばしくて適度に柔らかくて、実に美味しい。半熟の半玉子もグッド。

 さて、肝心の煮干し。実際のところ、なるほど煮干しの塩だとは思ったのだけど、この直前に飲んだ、総本家のスープがもの凄く煮干しの効いたものだったので、それほど強く感じることはなかった。もっとも、それがこの店の信条で、何かを突出させるようなことはしないのかもしれない。

 これまで、ここに来たことがなかったのが、悔やまれるなぁ・・・きっとまた来ようとは思うものの、ここへ来るとどうしても「総本家」に行ってしまうのだよなぁ。

 今さらですが、未食の方にはお薦めしておきます。

◆まるきゅうらあめん
 豊島区東池袋1-27-5 最寄駅:池袋
 11:00-16:00 17:00-22:00(スープ切れ迄・日曜は通し)無休

|

« 「がんこ総本家」今日はスープ不出来 | トップページ | 「どっと屋@江古田」で大盛り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まるきゅうらぁめんの煮干しSP:

« 「がんこ総本家」今日はスープ不出来 | トップページ | 「どっと屋@江古田」で大盛り »