« 「石松@中野」薄味のもつ煮込み | トップページ | 「がんこ八代目」で塩コッテリ »

2007.11.16

【新店】めん屋いなば@新宿御苑

 この11/9、四谷四丁目の交差点にオープンした新店「めん屋いなば」である。10月に御徒町にオープンした同名の店の2号店のようだ。

071116i1 こちらは新宿御苑駅と四谷三丁目の中間。というよりサンミュージックが入っているビルの1階と言ったほうが判りやすいだろう。何度もラーメン屋さんが入れ替わっているようで、直近では「こんぺい」、その前は「黒船」が入っていた場所だ。実際この店も前の店を居抜きで使っている。だから昭和チックな小物を除けば、店の作りも内装も「こんぺい」のまんまという感じだ。

 13時過ぎに着いてみると、満席だったけど幸い行列はなし。半分店の中に入ってお待ち。前にも書いたけど、この場所で外で行列するのは気が進まないからね(わかる人には判りますね)。席について見ていると、どんぶりをちゃんと温めていたり、スープは必要分だけを別の鍋にとって加熱したりと、とても丁寧な仕事ぶりが印象に残った。でも、ちょっと遅いね(^^ゞ

071116i5

 「濃厚豚骨らーめん(大盛300g) 750円」
 しばらく待たされて出てきたラーメンがこれ。見るからに濃そうな茶濁したスープと太麺の組み合わせ。トッピングされているのは、メンマとキャベツ、茎ワカメ?、ネギ。そして海苔に半分隠れてい見えるのは、バラ肉チャーシューだ。
 実際食べてみると、たしかに濃厚豚骨だ。「うえだ@志木」の鬼面王ほどではないにしても、この濃さは特筆ものだろう。これにかなり硬めに茹でられた太麺がよく合う。丸山製麺という生花が飾られていたから、きっとそこの麺なのだろう。なかなか美味い麺だった。食べ進むうちに、ゆずの香りがしてきた。奥の方に柚子片が入っていたようだ。そしてわずかだけど魚粉も感じられた。
 一度炙ったバラ肉チャーシューは、かなり厚みがあって香ばしい。これもかなり気に入った。テーブルには、ラーメン用醤油と揚げガーリックが置かれていた。

 いわゆる今時のラーメン屋さんの濃厚豚骨醤油バージョンなわけだけど、多くの人が好印象を持ったのではないかと思う。今度は、つけ麺を食べてみよう。
 つけ麺は、並盛りが300g、大盛りが400gで、特大が500gとなっている。

◆めん屋 いなば
 新宿区四谷4-28-17 大木戸ビル1F 最寄駅:新宿御苑
 営業日・時間不明

注:海外・通販サイト等からの迷惑トラックバックが増えているので、しばらくの間トラックバックは承認制にさせて貰っています。

|

« 「石松@中野」薄味のもつ煮込み | トップページ | 「がんこ八代目」で塩コッテリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/17090329

この記事へのトラックバック一覧です: 【新店】めん屋いなば@新宿御苑:

« 「石松@中野」薄味のもつ煮込み | トップページ | 「がんこ八代目」で塩コッテリ »