« 銀杏の紅葉をパチリ | トップページ | オリエント・スパゲティのホワイトソース »

2007.11.28

「野方ホープ」のこてこて

 環七沿いで中野近辺のラーメン屋さんというと、真っ先に出てくるのがここ「野方ホープ」だろう。実に久しぶりの訪問になる。最後に来たのはいったいいつのことかと考えみたのだけれど、画像も残っていないので当たり前のようにデジカメを持ち歩くようになる前、少なくとも5年以上は前のことだと思われる。
 最近では、千駄ヶ谷や目黒などにも支店ができて、どこも繁盛しているようだ。

071128nh01

 「中華そば(こてこて) 650円」
 野方ホープと言えば、背脂。だから一番背脂の多い「こてこて」を頼んでみた。で、出てきたのがこれ。背脂の海に麺が浸かってますな。ここの「こてこて」の凄いところは、背脂が表面に浮いているだけではないところだろう。どこからがスープでどこからが背脂なんだかが判らないくらいの感じだ。

071128nh02  甘辛い豚骨ベースのスープに、中太のちぢれ麺が合っていて、スープの持ち上げだけでなく背脂の持ち上げもいい感じ(^^;
 大きめに切られたチャーシュー2枚も、柔らかくてなかなか美味しい。これくらいの塩加減がちょうどよいのかもしれない。これにゆで卵の半身が付いて 650円は、今時お得な方かもしれない。

 ただ「こてこて」にすると、スープ本来の味が判らなくなってしまって、ちょっともったいなかった気がする。背脂が好きな人はこれでもいいのだろうけど、全部背脂味になってしまった。途中で飽きそうになったので、テーブルに置かれている「油唐辛子」と「キムチ」を多めに投入してみたら、良い方向に味が変わってくれた。
 一般には「こてこて」の手前、「こってり」あたりの方が良いかもしれない。

 環七の元祖背脂チャッチャッ系です。未食の方は、一度経験してみてはいかがでしょう。

◆野方ホープ
 中野区野方2-58-4 最寄駅:野方
 11:00-28:00 無休

|

« 銀杏の紅葉をパチリ | トップページ | オリエント・スパゲティのホワイトソース »

コメント

実はきょう、天気も良かったのでこのお店でらんちしようと向かいました。
ずっっっっと昔に行ったことがあったのですが、もう味を忘れてしまったので。

ところが、いざ着いてみると、環七の向かいに面白そうな店を発見し、急きょ予定を変更。
「十八番」という店ですが、ここの麺、美味しかったですよ。
昔ながらのつけ麺でした。

というわけで、ホープ軒も宿題リスト入りです(^^ゞ

投稿: Nylaicanai | 2007.12.07 20:07

 Nylaicanaiさん。

 野方ホープは、たまに行くといいですね。ただ、今はクルマを置けないので、ちょっと行きにくくなってますが。

 十八番の存在は知ってますが、未食です。向かい側ならPもいくつかあったと思うので、機会があったら寄ってみます。

投稿: BUSH | 2007.12.10 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/17219873

この記事へのトラックバック一覧です: 「野方ホープ」のこてこて:

« 銀杏の紅葉をパチリ | トップページ | オリエント・スパゲティのホワイトソース »