« 「幻の煮込み」の季節@石松 | トップページ | 「ピヤシリ」新宿御苑で復活へ »

2007.09.27

元がんこ元五代目の塩冷やし

 なぜ「元」の「元」なのかを書いておかねばなるまい。この五代目は一度「がんこ」系列からは離れ、この三田の地で「名前のない店」として営業していた。でもご主人の体調不良から昨年3月にいったん閉店。この時期が通称「がんこ元五代目」。そしてその後奥さんが餃子専門店として再開し、ご主人に負担の少ない「冷やし塩ラーメン」を提供するようになったのが現在の「元がんこ元五代目」というわけだ。
 現在は数種類の餃子とこの「冷やし塩ラーメン」をメインに営業している。ご主人は奥さんのアシストに回っている形だ。だから、いわゆる通常のラーメンはやっていないのでご注意。

 さて、久しぶりの五代目訪問。昼の部閉店間際の時間だったので先客は一人だけ。そのお客さんもじきにいなくなったので、奥さんやご主人とお話しをしながら、ゆっくりと食べることができた。

070927gm01 070927gm02

 「餃子と冷やし塩ラーメンのセット 1,000円」
 せっかくだから、ランチメニューのセットを頼むことにした。最初に出てきたのは餃子。一つ一つのツブが大き目で、肉と野菜がギュッと詰まっている。一口頬張ると肉汁が口の中に広がって美味しい。
 冷やし塩ラーメンの方は、見た目がもう「八代目@末広町」にそっくりだ。違うのは小梅の代わりにメカブが入っていることだろうか。味の方も八代目によく似ている、というより、これもソックリだ。メカブのつるつる感が加わって、これもまたいい。

 単品だと餃子は 400円で、冷やし塩が 800円だから、このランチセットはお得。それに餃子のツブが大きいから、結構おな腹もいっぱいになるし。

 この「冷やし塩ラーメン」が提供されるのがいつまでなのかはちょっと判らないのだけど、がんこファンなら一度どうぞとお奨めしておきます。
 なお、ジャージャー麺を提供していたという話も聞くので、この「冷やし塩」が終わったら、そちらに戻るのかもしれません。

◆名前のない餃子屋 (元がんこ元五代目)
 東京都港区芝5-25-2 最寄駅: 田町・三田
 11:00-14:00 17:00-23:00頃 土日祝休

|

« 「幻の煮込み」の季節@石松 | トップページ | 「ピヤシリ」新宿御苑で復活へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/16590457

この記事へのトラックバック一覧です: 元がんこ元五代目の塩冷やし:

« 「幻の煮込み」の季節@石松 | トップページ | 「ピヤシリ」新宿御苑で復活へ »